ラム・チェンイン

ラム・チェンイン(林正英、1952年12月27日-1997年11月8日)は、香港映画で活躍した俳優スタントマン・武術指導家。

ラム・チェンイン
中国語 林正英
漢語拼音 Lín Zhèngyĩng
粤拼 Lam4 Zing3jing1
出生名 林根宝
生誕 (1952-12-27) 1952年12月27日
イギリス領香港
死没 (1997-11-08) 1997年11月8日(44歳没)
 香港
職業 俳優、アクション監督、スタントマン、映画プロデューサー
活動期間 1969年 - 1997年
パートナー 鄭冰冰(1983年 - 1988年)
子供 長女:林式瓦(1985年生)
長男:林家耀(1988年生)

生涯

本名:林根宝。7人兄弟の3番目。京劇で有名な春秋戯劇学校出身。武術と軽やかなスタント技を会得。 17歳でスタントマンとして映画界に入り、71年『ドラゴン危機一発』に端役で出演。ブルース・リーと出会い、武術指導・スタントマンとして認められ、『ドラゴン怒りの鉄拳』、『死亡遊戯』に出演(ただし、『死亡遊戯』の完成作品ではカットされており、その出演場面はスチル写真やドキュメンタリー映画『ブルース・リー神話』で確認出来る)。 73年弱冠20歳にして、『燃えよドラゴン(龍争虎鬥)』の武術指導助手を務め、リーの右腕として、リー自身から絶大な信頼を得た。あらゆる場面でもスタントも担当した。 その後、80年代に入りサモ・ハン・キンポーのスタントチーム「洪家班」のメンバーとして活躍。 81年『ユン・ピョウINドラ息子カンフー』では、ユン・ピョウの師匠役で出演。華麗なカンフーを披露した。 85年『霊幻道士』での道士役は当り役となり、道士=ラム・チェンインというイメージが定着した。

晩年は抗がん剤を打ちながらも撮影現場へ出向いたものの、スタントマン出身の彼が苦痛で思うようにアクションが出来ず、涙を呑んでスタントシーンをスタントマンに吹き替えたという。 97年11月8日、肝臓癌で亡くなった。44歳の若さであった。死の直前にはやつれた自分の姿を見せたくないと、友人はおろか二人の子供の面会も拒んだという。私生活では離婚後、息子と娘を男手一つで育て、アメリカへ留学させていた。遺言として、愛用のサングラスと遺骨はアメリカに埋葬された。詠春拳截拳道の達人でもあった。

来日

1984年12月19日〜1985年1月5日まで『香港発活劇エクスプレス 大福星』の日本でのロケが行われ、東京都内では都営新宿線新宿駅、神楽坂「GEISHA HOUSE」、山梨県富士急ハイランド、千葉県浦安の湾岸道路などでの撮影に参加している。

1992年の東京国際ファンタスティック映画祭'92にゲストとして招待され、9月24日に成田空港に到着した[1]。9月27日に渋谷パンテオンで『コイサンマン キョンシーアフリカへ行く』の上映前に舞台挨拶を行っている。この来日の際、数社からインタビューを受けており[2]、すでに撮影などで15〜6回は来日していると語っている[3]

出演作品

映画

テレビドラマ

  • TVシリーズ「霊幻道士」(総集編ソフト題:霊幻道士・キョンシーマスター
  • TVシリーズ「霊幻道士2」(総集編ソフト題:霊幻道士<本編、幽女編、邪教編、魔神編、完結編>)

バラエティ

  • 連環泡(1988年1月8日)

受賞歴

関連項目

脚注

  1. 夢人間たちの共和国 東京国際ファンタスティック映画祭10年史. 有限会社シネマハウス. (1995年10月1日)
  2. ファンロード1992年12月号. ラポート株式会社. (1992年11月15日)
  3. 香港電影通信 第27号. (株)プレノン・アッシュ. (1992年12月10日)
  4. 第2屆香港電影金像獎得獎名單香港電影金像奨 Hong Kong Film Awards
  5. 第3屆香港電影金像獎得獎名單香港電影金像奨 Hong Kong Film Awards

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.