ラミナ族

集合 V の部分集合 A と B は、A と B の共通集合空集合でなく、かつ B と A の差集合が空集合でなく、かつ A と B の差集合が空集合でないとき交差 (intersect) するという。 V の部分集合の族 におけるどの 2 つの集合も互いに交差しないときラミナ族とよばれる。

層族(そうぞく、: laminar family; ラミナー族)は集合族の種類のひとつである。

層族 が V を含むとき無交叉族 (cross-free family) であり、有向木で表現できる。 [1]


参考文献

  • 茨木, 永持 and 石井, グラフ理論―連結構造とその応用―, 朝倉書店, (2010)

関連項目

注釈

  1. コルテ p.27

外部リンク

  • ベルンハルトコルテ (2009), 組合せ最適化: 理論とアルゴリズム, Springer Science & Business Media, ISBN 9784431100218, https://books.google.co.jp/books?id=7OfUJPqwyKwC&pg=PA27&dq=%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC&v=onepage
  • Tree-Representation of Set Families in Graph Decompositions and Effcient Algorithms
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.