ラゾーナ川崎プラザ

ラゾーナ川崎プラザ(ラゾーナかわさきプラザ)は、JR川崎駅西口前の再開発地区「ラゾーナ川崎」に、2006年9月28日に開業したショッピングモールNREG東芝不動産株式会社と三井不動産株式会社の共同出資による施設である。

ラゾーナ川崎 > ラゾーナ川崎プラザ
ラゾーナ川崎プラザ
LAZONA Kawasaki Plaza
ラゾーナ川崎プラザ
店舗概要
所在地 212-8576
神奈川県川崎市幸区堀川町72番1号
開業日 2006年平成18年)9月28日
土地所有者 東芝
施設所有者 三井不動産、NREG東芝不動産
施設管理者 三井不動産商業マネジメント
敷地面積 72,013 m²
延床面積 172,303 m² 
商業施設面積 79,294 m²
中核店舗 ビックカメラSanwa
店舗数 287
駐車台数 2,000台
前身 東芝川崎事業所
最寄駅 川崎駅京急川崎駅
外部リンク ラゾーナ川崎プラザ公式サイト
LaLaport
グランドステージ側から建物を望む(2006年9月28日)
5Fからの展望(2008年2月5日)
JR川崎駅構内自由通路に直結した正面入口(2006年9月30日)

三井不動産は当初「ららぽーと川崎」の名称で開業する予定であったが、当時の川崎市長でラゾーナ川崎の再開発事業を推進した阿部孝夫が「他にもある名前だと目立たない。川崎にしかない名前を」と、独自の名称を強く要望した結果、ラゾーナ川崎という名前になった[1]

概要

ラゾーナ川崎は、2000年に閉鎖された東芝川崎事業所の跡地を再開発した施設であり、ラゾーナ川崎プラザの敷地は東芝が定期借地権(借地期間20年)で貸与している[2]

2018年度の売上高は953億円であり、ららぽーとの旗艦店であるららぽーとTOKYO-BAYを抑えて三井不動産が運営する商業施設の中で第1位であり[3]ショッピングセンターとして成田国際空港に次ぐ第2位の売上高を誇る。

ラゾーナ川崎プラザの大屋根はリカルド・ボフィルがデザインを担当し、広い敷地と自然採光を活かして買物中にも中央広場から空が見えるなど、明るく開放感のある構造になっている。随所に旧東芝工場時代の正門看板やポンプなどがオブジェとして設置されており、屋上には出雲大社分社が移設されている。

施設地下には、雨水流出を抑制する構造が施されており、貯留量は93.94(貯水面積62.84)となっている。

ラゾーナ北側の駐車場には水路があり、2007年6月にはカルガモの親子が住み着いているのが確認されている。

経緯

JR川崎駅には東口と西口の2つの出口があるが、これまで西口の駅前には東芝の工場が立地しているのに対して、商業施設の大半は京急川崎駅がある東口側に立地していたため、これまで駅の利用客のほとんどは東口を利用しており、西口を利用するのは東芝関係者と周辺住民のほかは、幸区方面へ向かう路線バスの利用客や産業振興会館などの周辺施設利用者などごく一部だけであった。

西口側は工場移転により空いた土地を活用する再開発事業が盛んに進められており、明治製菓跡地にソリッドスクエアの開業、川崎市主導の都市再生事業として進められたバスターミナルの整備やミューザ川崎の開設に続き、地権者の東芝と三井不動産が主導して進められた再開発事業の中核商業施設が、このラゾーナ川崎プラザである。駅西口に直結する利便性と、東口の既存施設に劣らない大規模さを兼ね備えた商業施設が誕生したことにより、川崎駅を訪れる人の流れが大きく変わるとともに、これまで「工業地帯」「東京横浜の通過点」というイメージを持たれがちであった川崎駅に人を呼ぶきっかけとなる。

館内

T字型に建設された地上5階建ての建物から成る。各階とも東端と西端に大型店舗・施設を配置しており、ビックカメラは1階から4階までの4フロアすべての東端に入居している。1階は南側のフードコート・食品フロア以外はすべて大型店舗となっている。5階は109シネマズコナミスポーツクラブの他、多目的ホール「ラゾーナ川崎プラザソル」があり、演劇や有料ライブ、格闘技などのイベントが開かれている。

三井不動産系列の主要商業施設で売上高1位の施設であり、ショッピングセンターとして全国でも成田国際空港に次ぐ国内2位の売上高を誇る。1階に出店するスーパー三和は年商70億円の売上を記録し、ラゾーナ川崎プラザの施設全体として年商700億円の売上を記録する。2012年には年商1000億円の売上を目指してリニューアルを実施した。

南側の2階がオープンスペース「ルーファ広場」となっており、4階まで屋根のない吹き抜け構造になっている(ルーファ広場の5階部分には建物そのものがない)。ルーファ広場の南側にはイベントスペース「グランドステージ」が設けられており、歌手のフリーライブがよく行われる。2008年には水谷豊羞恥心BREAKERZなどがフリーライブを行っている。東京都心から近いことにより、中には1万人を超える観客が来ることや、ライブの様子が情報番組で取り上げられることもある。ライブ開催時にはステージの後ろに白い幕が降りているが、2008年2月に行われたRYTHEMのライブの直前に、強風で破れたことがある。ステージの反対側にはスクリーンがあり、ライブ開催時には出演者の映像が流される。

基本的に開館当初から年中無休で営業しているが、ビックカメラなど一部の店舗を除き、毎年2月の第3木曜日に法定点検のため休館する。

脚注

  1. 朝日新聞神奈川版「検証川崎市政12年 上」2013年9月12日付
  2. ニュースリリース「LAZONA(ラゾーナ)川崎」プロジェクト起工式の挙行について”. 三井不動産 (2005年2月2日). 2010年1月4日閲覧。
  3. 三井不動産/「ラゾーナ川崎プラザ」953億円など主要36施設の売上発表”. 流通ニュース. 2020年9月15日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.