ラオス国立大学

ラオス国立大学(ラオスこくりつだいがく、英語:National University of Laos NUOL、マハーウィタニャーライ・ヘンサート・ラーオ)は、ラオス首都ヴィエンチャン市(ビエンチャン特別市)にある同国最大規模の国立大学

概要

既存の学校を元に1996年に設立。1年間の教養課程を経て、4年制の各学部に進級する5年制システムである(ラオスでは基本的に小中高が5・3・3制である)。市内に複数のキャンパスを有するが、メインキャンパスは経済経営学部や文学部等があるドンドーク校であり、地元ではキャンパスの場所に関わらずドンドーク(=ラオス国立大学)という愛称で知られている。

ラオス国立大学は Greater Mekong Sub-region Academic and Research Network (GMSARN) と、 ASEAN University Network (ANU)のメンバーである。

学部

理学部
工学部
経済経営学部
文学部
教育学部
建築学部
農学部
森林学部
法学部
社会学部
医学部

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.