ヨーゼフ・クライナー

ヨーゼフ・クライナー(Josef Kreiner, 1940年3月15日 - )は、オーストリアの学者。ボン大学名誉教授。専攻は東アジア民族学日本文化研究沖縄研究

経歴

オーストリアのウィーン出身。ウィーン大学では民族学・日本文化研究・先史考古学を専攻アレクサンダー・スラヴィク教授の指導を受ける[1]1961年東京大学東洋文化研究所へ国費留学。1964年にウィーン大学にて哲学博士号(文学)学位、1968年に教授資格をそれぞれ取得。

1969年ー1971年 ボン大学助教授。

1971年ー1977年 ウィーン大学日本学主任教授。日本学研究所所長。

1975年ー1979年 欧州日本研究教会(EAJS)会長(2期)。

1977年ー2008年 ボン大学日本学主任教授。日本文化研究所所長。

1980年 オーストリア学術会議通信会員。

1981年ー1988年 ボン大学東洋言語研究所所長(兼任)

1987年 国立民族学博物館教授に招聘(辞退)

1988年ー1996年 ドイツ連邦政府科学技術省ドイツ日本研究所初代所長(フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト財団)

1991年 ヨーロッパ学術会議正会員。

1997年 テュービンゲン大学主任教授に招聘(辞退)

1997年  ボン大学文学部に近現代日本研究センターを設立。センター長(兼任)

1997年  ノルトライン・ウエストファーレン学術会議正会員。

1998年  関西学院大学名誉博士号授与。

2008年  ボン大学名誉教授。

2008年  欧州日本研究教会(EAJS)名誉会員。

2005年ー2013年 法政大学特任教授。国際日本学研究所所属。

2013年   法政大学国際日本学研究所客員所員(現在に至る)

2015年   東京国立博物館客員研究員(現在に至る)

受賞歴・叙勲歴

1987年 国際交流基金奨励賞

1995年 比嘉春潮

1996年 山片蟠桃賞受賞

1997年 オーストリア共和国科学芸術勲章の十字架

1997年 ドイツ連邦共和国功労第一級の連邦クロス

2003年 国際交流基金賞

2006年 叙勲旭日中綬章

2017年 南海文化賞

主な著作

単著

  • 2000年『江戸・東京の中のドイツ』(講談社学術文庫
  • 2005年『阿蘇に見た日本―ヨーロッパの日本研究とヴィーン大学 阿蘇調査 (自然と文化阿蘇選書―阿蘇一の宮町史)』(一の宮町)
  • 2012年『世界の沖縄学-沖縄研究50年の歩み-』(芙蓉書房出版)
  • 2017年『加計呂麻島 昭和37年/1962年』クライナー撮影写真集(南方新社)

共著

編著

  • 1992年『ケンペルのみたトクガワ・ジャパン』(六興出版
  • 1996年『日本民族学の現在』(新曜社
  • 1996年『地域性からみた日本』(新曜社)
  • 1996年『ケンペルのみた日本』(NHKブックスNHK出版
  • 1998年『黄昏のトクガワ・ジャパン―シーボルト父子が見た日本』(NHKブックス・NHK出版)
  • 2011年『小シーボルトと日本の考古・民族学の黎明』(同成社
  • 2012年『近代〈日本意識〉の成立 民俗学・民族学の貢献』(東京堂出版
  • 2012年『日本民族の源流を探る―柳田國男『後狩詞記』再考』(三弥井書店)
  • 2013年『日本民族学の戦前と戦後 岡正雄と日本民族学の草分け』(東京堂出版)
  • 2014年『日本とはなにか 日本民族学の二〇世紀』(東京堂出版)

欧文編著(2000年以降)

  • Ryukyu in World History, Bonn 2001
  • Der russisch-japanische Krieg 1904/05, Bonn 2005
  • Kleine Geschichte Japans. (together with Verena Blümmel, Detelev Taranczewski, Günther Distelrath, Christian Oberländer, Regine Matthias, Axel Klein), Stuttgart 2011
  • Masao Oka: Kulturschichten in Alt-Japan. Herausgegeben und mit einer Einleitung versehen. Bonn 2012
  • Japanese Collections in European Museums I – V, Bonn 2005-2016 (Vol. IV : Buddhist Art together with Tomoe Steineck and Raji Steineck)

共編著

  • 1984年 A・スラヴィク『日本文化の古層』(住谷一彦と共訳、解説・未来社)
  • 1984年『 Japanese Civilization in the Modern World― Life and Society』(Senri Ethnological Studies)(梅棹忠夫・ハルミ・ベフとの共著、国立民族学博物館)
  • 1996年 フォン・シーボルト『小シーボルト蝦夷見聞記』(原田信男らと共訳、平凡社東洋文庫)
  • 2010年『古代末期・日本の境界―城久遺跡群と石江遺跡群』(吉成直樹、小口雅史との共編・森話社)
  • 2016年『Origins of Oka Masao`s Anthropolpgical scholarship』(石川日出志・佐々木憲一・吉村武彦との共著、ドイツ・ボン大学出版)

脚注

  1. A・スラヴィク『日本文化の古層』未来社、1984年、12p。

関連人物

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.