ヨハン・ハインリヒ・ランベルト

ヨハン・ハインリヒ・ランベルト(Johann Heinrich Lambert、1728年8月26日 - 1777年9月25日)は、ドイツ数学者物理学者化学者天文学者哲学者地図投影法ランベルト正積方位図法ランベルト正角円錐図法など)を考案したことや、円周率無理数である証明をしたことなどで知られる。 主著に『新オルガノン』など[1]

ヨハン・ハインリヒ・ランベルト
生誕 1728年8月26日
神聖ローマ帝国 ミュルーズ
死没 1777年9月25日
プロイセン王国 ブランデンブルク辺境伯ベルリン
研究分野 数学物理学化学天文学
主な業績 円周率無理数であることを証明
7つの重要な地図投影法の考案
プロジェクト:人物伝

功績

脚注

  1. 藤本忠『ランベルトの「学的認識」について : 『新オルガノン』を中心に』
  2. Pierre Bouguer (1729): Essai d'Optique, sur la gradation de la lumière (Paris, France: Claude Jombert), pp. 16–22.
  3. Lambert, J.H. (1760): Photometria sive de mensura et gradibus luminis, colorum et umbrae (Augsburg ("Augusta Vindelicorum"), Germany: Eberhardt Klett). 特に p. 391 を参照。
  4. (PDF)
  5. (PDF)
  6. (PDF)
  7. (PDF)
  8. (PDF) , (PDF)

参考文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.