ヨハン・ガスタイガー

ヨハン・ガスタイガー(Johann Gasteiger、1941年10月27日–、ダッハウ生まれ)は、ドイツの化学者ケモインフォマティシャンである。これらの分野の様々な書籍を執筆、編集している[1][2]

Johann Gasteiger
生誕 (1941-10-27) 1941年10月27日
ドイツダッハウ
居住 ドイツ
国籍 ドイツ
研究分野 化学者
研究機関 フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク
ミュンヘン工科大学
出身校 チューリッヒ工科大学
チューリッヒ大学
ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
博士課程
指導教員
ロルフ・フーズゲン
主な業績 ケモインフォマティクス
化学におけるニューラルネットワーク
プロジェクト:人物伝

経歴

ヨハン・ガスタイガーはルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンチューリッヒ工科大学チューリッヒ大学化学を学んだ。1971年にルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンで有機化学PhDを取得した(指導教官はロルフ・フーズゲン)。1972年までカリフォルニア大学バークレー校博士研究員を務めた後、ミュンヘン工科大学アシスタント・プロフェッサーとして着任し、1979年にイヴァール・カール・ウギの指導の下で教授資格を得た。1994年から2007年までフリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクの「Computer-Chemie-Centrum」(計算化学センター)において教授を務めた。1997年、Computer-Chemie-Centrumで開発されたソフトウェアを流通するため、Molecular Netoworks社を設立した。

ヨハン・ガスタイガーはケモインフォマティクスの先駆者の1人である。主な研究的興味は医薬品設計(例えばQSARを使った)、化学反応のシミュレーション(有機化学における合成計画のため)、分光学のための機械学習化学におけるニューラルネットワーク遺伝的アルゴリズムの応用である。

研究

1979年、ヨハン・ガスタイガーとMario Marsiliは分子中の原子部分電荷の反復計算のための手法を発表した[3]。この論文はガスタイガーの論文の中で最も引用回数が多い[4]

1987年から1991年まで、ChemInform RXデータベースの開発のプロジェクトマネージャーを務めた。1985年から、ガスタイガーのグループで3D構造生成プログラムCORINAが開発されている[5]

ガスタイガーは化学におけるニューラルネットワークの使用を切り開いてきた[6][7]。今日ニューラルネットワークがケモインフォマティクスにおける標準的手法の1つであることは主にガスタイガーの貢献による。

受賞

  • 1991年 Gmelin-Beilstein Denkmünzeドイツ化学会)、計算化学への貢献による。
  • 1997年 ハーマン・スコルニク賞アメリカ化学会・化学情報部会)
  • 2005年 Mike Lynch賞(Chemical Structure Association)
  • 2006年 ACS Award for Computers in Chemical and Pharmaceutical Research

出典

  1. (ed.), Johann Gasteiger (2003). Handbook of chemoinformatics : from data to knowledge. Weinheim: Wiley-VCH. ISBN 3-527-30680-3
  2. (eds.), Johann Gasteiger ; Thomas Engel (2003). Chemoinformatics : a textbook (1. reprint. ed.). Weinheim: Wiley-VCH. ISBN 3-527-30681-1. https://archive.org/details/isbn_9783527306817_0
  3. Gasteiger, Johann; Marsili, Mario (January 1978). “A new model for calculating atomic charges in molecules”. Tetrahedron Letters 19 (34): 3181–3184. doi:10.1016/S0040-4039(01)94977-9.
  4. Wendy Warr, "In Honor of Johnny Gasteiger", honorary lecture at the 2. German Conference on Chemoinformatics, Goslar, 14 November 2006.
  5. Gasteiger, J.; Rudolph, C.; Sadowski, J. (January 1990). “Automatic generation of 3D-atomic coordinates for organic molecules”. Tetrahedron Computer Methodology 3 (6): 537–547. doi:10.1016/0898-5529(90)90156-3.
  6. Zupan, J.; Gasteiger, J. (July 1991). “Neural networks: A new method for solving chemical problems or just a passing phase?”. Analytica Chimica Acta 248 (1): 1–30. doi:10.1016/S0003-2670(00)80865-X.
  7. Zupan, Jure; Gasteiger, Johann (1999). Neural networks for chemists (2nd ed.). Weinheim: Wiley-VCH. ISBN 3-527-29779-0

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.