ヨトウガ

ヨトウガ(夜盗蛾、Mamestra brassicae)は、チョウ目ヤガ科ヨトウ亜科の昆虫幼虫は極めて多食性で、イネ科以外のほとんどの植物を食害する。老齢の幼虫は、日中は土中や株の地際に潜み、夜間に地上部に出てきて食害するため、夜盗蛾(よとうが)の名がついた。屋久島以北の日本各地、朝鮮半島東アジア南アジアロシアヨーロッパに分布する。

ヨトウガ
ヨトウガの蛹(左)と成虫(右)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目 Lepidoptera
: ヤガ科 Noctuidae
亜科 : ヨトウガ亜科 Hadeninae
: ヨトウガ属 Mamestra
: ヨトウガ M. brassicae
学名
Mamestra brassicae
(Linnaeus, 1758)
和名
ヨトウガ(夜盗蛾)
英名
Cabbage Moth,
Cabbage armyworm
幼虫
食害を受けたサヴォイキャベツ
成虫

形態

成虫は、体長が約15~20mm、翅の開張は約45mm。体色は灰褐色~黒褐色で、不鮮明な白色の斑紋がある。

の直径は約0.6mmのやや扁平な球形。色は乳白色。卵塊で産み付けられる。

ヨトウムシとも呼ばれる幼虫は、刺毛はなく表面は平滑。体色は、頭部は黄褐色で不明瞭な暗褐色の斑紋があり、胴部は灰黒色、暗褐色、暗緑色などで数多くの小さな黒点がある。老齢幼虫の体長は40~50mmほどになり、土中で蛹化する。

は、土中で体長が約18~22mm。褐色。

生態

一般に年に2回発生、地域によっては3回発生する。蛹で越冬し、4月下旬から羽化、すぐに交尾産卵する。卵は夜間に、数十~数百個の塊で葉の裏に産み付けられる。産卵は、高温少雨の場合に活発になる。

孵化した幼虫は葉裏に群生して食害し、食害を受けた葉は表皮のみが残る。3齢頃になると個体ごとに分散し、日中は土中や株の地際に潜み、夜間に活動する。6月下旬に幼虫は6齢まで生育し、葉に穴を開けながら暴食する。この齢の幼虫の食害が90%程度を占める。その後、地中にもぐって蛹化、夏眠する。ただし、冷涼な地域では、断続的に幼虫が発生する。

9月~10月に羽化し、10月~11月に幼虫が発生する。その後、地中で蛹化、越冬する。

被害

非常に広食性で、イネ科以外のほとんどの植物を食害する。ヨトウガの幼虫による大きな被害が知られている作物には、アブラナ科キャベツハクサイダイコンコマツナ)、マメ科エンドウ)、アカザ科テンサイホウレンソウ)、キク科レタスゴボウ)、ナス科ジャガイモナスピーマントマトタバコ)、ユリ科ネギ)、ウリ科キュウリ)、セリ科ニンジン)、バラ科イチゴ)などが挙げられる。

関連項目

参考文献

  • 一色周知監修、六浦明・山本義丸・服部伊楚子 『原色日本蛾類幼虫』 保育社、1965年。
  • 梅谷献二・岡田利承編 『日本農業害虫大事典』 全国農村教育協会、2003年、ISBN 4-88137-103-7。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.