ユーロネクスト

ユーロネクストオランダ語: Euronext N.V.)は、パリアムステルダムブリュッセルダブリンリスボンにある証券取引所の運営および関連する金融サービスの提供を行う企業。本社機能はアムステルダムとパリに置かれ(登記はアムステルダム)[1]、株式上場はユーロネクスト・パリに行っている(Euronext: ENX )。

ユーロネクスト
Euronext N.V.
種類 公開会社
市場情報 Euronext: ENX
本店所在地 オランダ
1012
Beursplein 5, アムステルダム
設立 2000年9月 2000-09
事業内容 証券取引所の運営
代表者 Stéphane Boujnah(CEO
外部リンク 公式ウェブサイト
アムステルダムの本社(ユーロネクスト・アムステルダムと同じ建物内)

運営する証券取引所

沿革

2000年9月に、アムステルダム証券取引所、ブリュッセル証券取引所、パリ証券取引所の3つの証券取引所が経営統合し、設立。設立の目的は、現物取引及び派生商品取引のシステムを統合することによって、クロスボーダー取引を容易にして、3取引所から注文を一カ所に集めることによって、流動性の向上をはかることにあるとされた。経営統合後、3つの証券取引所はそれぞれ、ユーロネクスト・アムステルダムユーロネクスト・ブリュッセルユーロネクスト・パリと呼ばれるようになった。さらに、2002年には、ポルトガルのリスボン証券取引所とロンドン国際金融先物取引所(LIFFE)が加入。リスボン証券取引所はユーロネクスト・リスボンと名称が変更された。

2006年6月1日、ニューヨーク証券取引所の運営企業であるNYSEグループとの経営統合が発表され、2007年4月4日に統合企業であるNYSEユーロネクストの傘下となったが、2012年12月、アメリカ・アトランタに本拠を置くIntercontinental Exchange Inc.(ICE)が同社を買収し2013年にNYSEユーロネクストは消滅[2]、2014年6月、ICEのユーロネクスト売却に伴い(同年12月に全株式を売却[3]。このときLIFFEはICEに留まり、ICE Futures Europeとなった[4])、ユーロネクストは公開企業となり、ユーロネクスト・パリに株式を上場した[5]

2018年3月、アイルランド証券取引所の買収を完了し、ユーロネクスト・ダブリンと名称が変更された[6]。2019年6月、オスロ証券取引所グループの買収を完了し、子会社化した[7]

ユーロネクストの提供する金融商品の売買は、アメリカ合衆国の顧客が4割以上を占めており、このほかフランス・オランダ・イギリススイスなどが上位となっている[1]。拠点としては、運営する5つの証券取引所のほか、ロンドンフランクフルトを含むヨーロッパ諸国、ニューヨークシンガポール香港にオフィスを持つ[1]

脚注

  1. Annual report 2018 (PDF) (英語). 2019年9月21日閲覧。
  2. IntercontinentalExchange to Acquire NYSE Euronext For $33.12 Per Share in Stock and Cash, Creating Premier Global Market Operator (英語). Business Newswire (2012年12月20日). 2017年12月1日閲覧。
  3. ICE Sells Remaining Euronext Stake, Profiting From 23% Rally (英語). ブルームバーグ (2014年12月9日). 2017年12月1日閲覧。
  4. LIFFE contracts migrated to ICE Futures Europe (英語). ロンドン証券取引所グループ (2014年9月15日). 2017年12月2日閲覧。
  5. Euronext Detaches From ICE Through $1.2 Billion IPO (英語). ブルームバーグ (2014年6月20日). 2017年12月1日閲覧。
  6. Irish Stock Exchange becomes Euronext Dublin as takeover deal completed (英語). Newstalk 106-108 fm (2018年3月27日). 2018年4月1日閲覧。
  7. ユーロネクスト、オスロ証券取引所グループの買収を完了”. FX Plus (2019年6月19日). 2019年9月11日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.