ユリウス年

ユリウス年Julius ねん、Julian year)は、主に天文学で使われる時間単位である。その名のとおりユリウス暦によるに等しく、正確に 365.25[1] = 正確に31 557 600である。なお、ここでの「日」とは厳密に86 400を指しており、平均太陽日(一日の長さ:LOD)や暦日ではない。

ユリウス年
Julian year
記号 a, aJ, Jy
時間
SI 正確に31 557 600 s
定義 365.25
由来 ユリウス暦の平均暦年
ユリウス世紀
Julian century
記号 T
時間
SI 正確に3 155 760 000 s
定義 36 525
由来 ユリウス年の100倍

「ユリウス年」の呼称の由来は、ユリウス暦での平均暦年が365.25暦日であることによる。なお、ユリウス年は、ユリウス通日とは全く異なる概念であることに注意。

平均太陽年(約365.242 189 57日 = 31 556 925.179 秒 (2013年央値))や、グレゴリオ暦での平均暦年(正確に365.2425日=正確に31 556 952秒)を使うと、1ユリウス年は、約1.000 021 384平均太陽年、約1.000 020 534グレゴリオ暦平均暦年に当たる。

使用

ユリウス年は、主に天文学で使われる。国際天文学連合 (IAU) は、年をユリウス年で定義している[2][3]。単位記号は a で、ラテン語 annum の略である。

天体の公転周期を年で現すとき、通常はユリウス年が使われる。また、1光年真空中のが1ユリウス年に進む距離であり、正確に 9 460 730 472 580 800 m である。

ユリウス世紀

100ユリウス年(36 525日)をユリウス世紀 (Julian century) という[4]。1ユリウス世紀は、正確に3 155 760 000である。

ユリウス世紀数

元期J2000.0からの経過日数をユリウス世紀単位で測った時間をユリウス世紀数(T)という。 ある日のユリウス世紀数は、次になる[5]

  • ユリウス世紀数(T) = (ある日のユリウス日 - 2 451 545) / 36 525

ユリウス世紀数は、天文学上の様々な理論において時間展開の引数として用いられる。

関連項目

出典

  1. ユリウス年・ユリウス世紀 国立天文台、暦Wiki
  2.  4.13 Non-SI units、Table 5. Non-SI units that are recognised for use in astronomny.
  3. 5.15 Astronomical units の第3段落目に次の記述がある。Although there are several different kinds of year (as there are several kinds of day), it is best to regard a year as a julian year of 365.25 days (31.5576 Ms) unless otherwise specified.
  4. 5.15 Astronomical units の第3段落目
  5. ユリウス年・ユリウス世紀 暦Wiki、暦計算室、国立天文台
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.