ユウカゲハマグリ

ユウカゲハマグリ(夕影蛤、Pitar citrinus)は、マルスダレガイ科、ユウカゲハマグリ属 Pitarに属する二枚貝である[1][2]。 貝殻の後部(水管が出る側)が淡い紫褐色ないし橙褐色を帯びるので「ユウカゲ」の名がある。殻はよく膨らむ。奄美諸島以南、熱帯西太平洋の浅海の砂底に棲む[3]。なお類似の種で学名 Pitar striatus (Gray, 1838) は中国でいわゆる細紋卵蛤(拼音: xì wén luǎn gé)のことを指す[4]。  

ユウカゲハマグリ
ユウカゲハマグリ
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 異歯亜綱 Heterodonta
: マルスダレガイ目 Venerida 
: マルスダレガイ科 Veneridae 
: ユウカゲハマグリ属 Pitar
: ユウカゲハマグリ

P. citrinus

学名
Pitar citrinus (Lamarck, 1818)[1]
和名
ユウカゲハマグリ(夕影蛤)[2] 
英名
unknown
中名 夕陽黄紋蛤
(拼音: xì yáng huáng wén gé) 

脚注

  1. Pitar citrinus”. WoRMS. 2020年8月13日閲覧。
  2. Pitar citrinus”. JAMSTEC. 2020年8月20日閲覧。
  3. 世界文化生物大図鑑『貝類』マルスダレガイ科 松隈明彦 p.329 ユウカゲハマグリ. 世界文化社. (2004/6/15)
  4. 『中国北部湾潮間帯現生貝類図鑑』420,王海艳,张涛,马培振,蔡蕾,张振,科学出版社 2016年 ISBN 9787030485571

 

外部リンク

 

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.