ヤンマイエンプレート

ヤンマインプレート英語:Jan Mayen Microplate;ヤンマイエンと読めるがノルウェーでの発音はヤンマインが正しい)とは、大陸地殻であるユーラシアプレートの一部を形成するアイスランド北東にあるプレート

ヤンマイエンプレートとその周辺

地理

幅160キロメートルのヤンマイン断裂帯[1]から南に500キロメートル程に亘って存在している。また、このプレートの最北部にはヤンマイン島が存在する。地形としてはヤンマイン海嶺を始めとする海嶺とその間に介在する海盆によって形成されており、地震波による調査によって、断層が南北方向及び南西北東方向に位置する事が判っている。[2]プレートの厚さは最大で16kmで、[3]プレート東側に存在している。

歴史

約5500万年前の始新世にユーラシアプレートとグリーンランドプレートの間にレイキャネス海嶺によって出来たとされ、エーギル海嶺が活動していない間にユーラシアプレートの一部分になったとされる。大陸から引き剥がされて横滑りしたこのような地塊のことを,大陸スリバー(continental sliver)と呼ぶ。そして東グリーンランドと隔絶され、コルベインゼイ海嶺を形成した。その後始新世の間にエーギル海嶺とコルベインゼイ海嶺によって反時計回りに30度~50度程回り[4][5]、この事によって現在でも海底面に存在している。[2]現在このプレートは水深、フリーエア異常磁気異常等を元にして定められ、地震波の反射や屈折等[6] でプレートとしての存在が確かめられている。

参考文献

  1. Rey, S.S.; Eldholm O. & Planke S. (2003年). Formation of the Jan Mayen Microcontinent, the Norwegian Sea”. American Geophysical Union, Fall Meeting 2003, abstract #T31D-0872. 2010年4月1日閲覧。
  2. Scott, R.A.; Ramsey L.A., Jones S.M., Sinclair S. & Pickles C. (2005). “Development of the Jan Mayen microcontinent by linked propagation and retreat of spreading ridges”. In Wandås, B.T.G., Nystuen J.P., Eide E. & Gradstein F.M.. Onshore offshore relationships on the North Atlantic Margin. Special Publication. 12. Norsk petroleumsforening. pp. 69–82. ISBN 978-0444518491. http://books.google.co.uk/books?hl=en&lr=&id=_IMBsYKEStYC&oi=fnd&pg=PA69&dq=jan+mayen+microcontinent&ots=u1MCBG61fQ&sig=-tycKrTtU4dU6ejKR7cu2wF0iqM#v=onepage&q=jan%20mayen%20microcontinent&f=false 2010年4月1日閲覧。
  3. Breivik, A.J.; Mjelde R., Shimamura H., Murai Y. & Nishimura Y. (2003年). Crustal Structure of the Northern and Southern Jan Mayen Ridge Segments, Norwegian Sea, Based on Ocean Bottom Seismometer Data”. American Geophysical Union, Fall Meeting 2003, abstract #T12D-0492. 2010年4月1日閲覧。
  4. Lundin, E.; Doré (2002). “Mid-Cenozoic post-breakup deformation in the ‘passive’ margins bordering the Norwegian–Greenland Sea”. Marine and Petroleum Geology 19 (1): 79–93. http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6V9Y-44KWM27-1&_user=10&_coverDate=01%2F31%2F2002&_rdoc=1&_fmt=high&_orig=search&_sort=d&_docanchor=&view=c&_searchStrId=1278215829&_rerunOrigin=scholar.google&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=e57d6148c5eb3877d0082b6d14ca30c4 2010年4月1日閲覧。.
  5. Roest, W.R.; Lundin E.R., Torsvik T.H. & Olesen O. (2002年). The Jan Mayen Microcontinent: Computers animations of the plate tectonic history”. American Geophysical Union, Fall Meeting 2002, abstract #T12D-1344. 2010年4月1日閲覧。
  6. Kodaira, S.; Mjelde R., Gunnarsson K., Shiobara H. & Shimamura H. (1998). “Structure of the Jan Mayen microcontinent and implications for its evolution”. Geophysical Journal International 132 (2): 383–400. http://www.ingentaconnect.com/content/bsc/gji/1998/00000132/00000002/art00444 2010年4月1日閲覧。.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.