モミジバフウ

モミジバフウ(紅葉葉楓、学名Liquidambar styraciflua)は、フウ科フウ属落葉高木。別名、アメリカフウ

モミジバフウ
Liquidambar styraciflua(2010年10月18日)
保全状況評価
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: フウ科 Altingiaceae
: フウ属 Liquidambar
: モミジバフウ L. styraciflua
学名
Liquidambar styraciflua
L.[1]
和名
モミジバフウ(紅葉葉楓)、アメリカフウ
英名
American Sweetgum
自然分布

特徴

樹皮褐色を帯びて、若枝にはコルク質のがある。

状で光沢があり、紅葉する。

期は4月頃。雌雄同株で、雄花雌花が別々に頭状花序をつける。

果実集合果

分布・生育地

北アメリカ中南部・中央アメリカ原産。日本へは、大正時代に渡来した。

保全状況評価

利用

街路樹などに利用される。

近縁種

フウ属には葉の形からモミジバフウ(5-7裂)とサンカクバフウ(3裂)がある。前者はアメリカフウ(北米・中南米原産)、後者は単にフウ(中国・台湾原産)、タイワンフウとも呼ばれる。ともに日本で街路樹・公園木などとして普通に植栽され、秋の紅葉が特に美しい。

また、フウは「楓」と書かれるが、カエデムクロジ目に属し翼果をつけるのに対し、フウ属は雌花の花序が球形で垂れ下がるので区別できる。

参考文献

  • 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花2』高橋秀男勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、32-33頁。ISBN 4-635-07004-2。

脚注

  1. 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月27日閲覧。
  2. Americas Regional Workshop(Conservation & Sustainable Management of Trees, Costa Rica, November 1996) (1998). "Liquidambar styraciflua". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2.3. International Union for Conservation of Nature. (英語)

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.