メトリホナート

メトリホナート: Metrifonate)はホスホン酸エステルの一種で、コリンエステラーゼ阻害作用を持ち、殺虫剤駆虫薬として使われる。トリクロルホン: Trichlorfon)や、DEPと呼ぶこともある。

メトリホナート
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
薬物動態データ
半減期30分
排泄尿
識別
CAS番号
52-68-6
ATCコード P02BB01 (WHO) QP52AB01 (WHO) QP53AF02 (WHO)
PubChem CID: 5853
UNII DBF2DG4G2K 
KEGG C07971  
化学的データ
化学式C4H8Cl3O4P
分子量257.436 g/mol
物理的データ
融点83 °C (181 °F)
沸点100 °C (212 °F)
水への溶解量154 mg/mL (20 °C)

用途

殺虫剤

バイエル社が開発し、日本では1957年5月29日に農薬登録を受けた。商品名にはディプテレックス、ネキリトンのほか、「ディプ」「デプ」とつく製剤が多くある。農業用としては稲のニカメイチュウウンカ、野菜のアブラムシヨトウムシ、果樹のハマキムシコガネムシ、桑のアメリカシロヒトリに効き目を持ち、街路樹など非農耕地にも使用される[1]

駆虫薬

動物用医薬品として、家畜や魚類の外部寄生虫駆除に用いられる。ウシブタニワトリマダニシラミ[2]コイフナウナギイカリムシ症・ウオジラミ[3]に有効である。

安全性

日本の毒物及び劇物取締法では、10%を越える製剤は劇物に区分される[1]。pH5以上の水中では脱塩化水素化により、短時間にジクロルボスとなる[1]。哺乳類の体内での代謝でも同様にジクロルボスが生じる[4]。ラットに対し経口投与した場合の半数致死量(LD50)は、253mg/kgの実験結果がある[5]

参考文献

  • 植村振作・河村宏・辻万千子・冨田重行・前田静夫著『農薬毒性の事典 改訂版』三省堂、2002年。ISBN 978-4385356044。

脚注

  1. 『農薬毒性の事典 改訂版』p271
  2. ネグホン液 Archived 2012年6月2日, at the Wayback Machine.(バイエル薬品製品情報)
  3. 水産用マゾテン(バイエル薬品製品情報)
  4. 環境保健クライテリア 132国立医薬品食品衛生研究所
  5. 製品安全データシート(安全衛生情報センター)


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.