メチルスルホニルテトラクロルピリジン

メチルスルホニルテトラクロルピリジンmethylsulfonyl tetrachloro pyridine)は、化学式 C6H3Cl4NO2S で表される有機化合物。プラスチック塗料建材などの防カビ剤として用いられる。

メチルスルホニルテトラクロルピリジン
識別情報
CAS登録番号 13108-52-6
PubChem 61579
ChemSpider 55492
特性
化学式 C6H3Cl4NO2S
モル質量 294.970 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

効果等

ほとんどのカビに対するMIC15 ppm であり、微量で効果が現れる。防効果もあり、殺藻剤としても使用される。ジメチルホルムアミドアセトンには可溶であるが、その他の有機溶剤には難溶。水に対する溶解性は0.0025%と低く、光や熱に対して安定しているため、効果の持続性に優れる。急性経口毒性はLD50が775mg/kgである。原体は皮膚への刺激性があるが、通常の使用濃度では刺激性はない。

参考文献

  • 『抗菌剤の化学 Part2』西野敦編著 冨岡敏一・荒川正澄著 1997年 工業調査会刊 ISBN 476937058X
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.