メイ州

洺州(めいしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代末からモンゴル帝国時代初頭にかけて、現在の河北省邯鄲市一帯に設置された。

本来の表記は「洺州」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています。

魏晋南北朝時代

577年建徳6年)、北周により洺州が設置された。

隋代

初には、洺州は2郡3県を管轄した。605年大業2年)、慈州[1]廃止にともない武安県が移管された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い、洺州は武安郡と改称され、下部に8県を管轄した[2]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年区分大業3年
洺州相州武安郡
広平郡襄国郡魏郡永年県 平恩県 臨洺県
武安県 肥郷県 邯鄲県
清漳県
広年県 平恩県易陽県武安県

唐代

618年武徳元年)、により武安郡は洺州と改められた。619年(武徳2年)、洺州は竇建徳に奪われた。621年(武徳4年)、唐が竇建徳を平定した。742年天宝元年)、洺州は広平郡と改称された。758年乾元元年)、広平郡は洺州の称にもどされた。洺州は河北道に属し、永年・平恩・臨洺・鶏沢・肥郷・曲周の6県を管轄した[3]

宋代以降

北宋のとき、洺州は河北西路に属し、永年・肥郷・平恩・鶏沢・曲周の5県を管轄した[4]靖康の変により、洺州はに奪われた。

金のとき、洺州は河北西路に属し、永年・広平宗城新安成安・肥郷・鶏沢・曲周・洺水の9県と西臨洺・新安・平恩・白家灘の4鎮を管轄した[5]

1236年、モンゴル帝国により洺州は邢洺路と改められた[6]

脚注

  1. 590年(開皇10年)に相州より分割設置。
  2. 隋書』地理志中
  3. 旧唐書』地理志二
  4. 宋史』地理志二
  5. 金史』地理志中
  6. 元史』地理志一
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.