ミルテホシン

ミルテホシン(Miltefosine)は商標名のイムパビド(Impavido)で販売されているリーシュマニア症フォーラーネグレリアなどによる自由生活性アメーバ感染症の治療に用いられる医薬品である[1]。リーシュマニア症には皮膚型、内臓型、粘膜型がある[3]。ミルホテシンはアムホテリシンBまたはパロモマイシンと併用される[4]。投与法は経口である[3]

ミルテホシン
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Impavido, Miltex, others
Drugs.com monograph
胎児危険度分類
    法的規制
    投与方法 By mouth
    薬物動態データ
    生物学的利用能High
    血漿タンパク結合~98%
    代謝Slow hepatic (non-CYP-dependent)
    半減期6 to 8 days and 31 days[2]
    排泄Primarily fecal
    識別
    CAS番号
    58066-85-6 
    ATCコード L01XX09 (WHO)
    PubChem CID: 3599
    ChemSpider 3473 
    UNII 53EY29W7EC 
    KEGG D02494  
    ChEBI CHEBI:75283 
    ChEMBL CHEMBL125 
    NIAID ChemDB 130571
    化学的データ
    化学式C21H46NO4P
    分子量407.568 g/mol

    概要

    主な副作用は嘔吐、腹痛、発熱頭痛、腎臓の機能の低下があげられる[1]。重度の副作用にはスティーブンス・ジョンソン症候群または血小板減少症などがあげられる[1]妊娠中の服用は胎児に悪影響を及ぼとされ、妊娠中また授乳中のヒトへの投与は勧められない[1]。作用機序は明確にされていない[1]

    ミルテホシンが初めて作られたのは1980年代初期であり、がん治療の研究が目的であった[5]。数年後にリーシュマニア症の治療に有用であると分かり、2002年にインドにて使用が承認された[6]世界保健機関の必須医薬品リストに掲載されており、最も効果的で安全な医療制度に必要とされる医薬品である[7]開発途上国での一貫治療にかかる費用は$65~$150米ドルである[4]先進国での治療費は開発途上国での治療費の10~50倍以上である[4]。他にフォーラーネグレリアにも有効とされることもある[8]

    出典

    1. American Society of Health-System Pharmacists (2016年2月26日). Miltefosine Monograph for Professionals”. www.drugs.com. 2016年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月16日閲覧。
    2. Dorlo, T. P. C.; Balasegaram, M.; Beijnen, J. H.; de Vries, P. J. (2012). “Miltefosine: a review of its pharmacology and therapeutic efficacy in the treatment of leishmaniasis”. Journal of Antimicrobial Chemotherapy 67 (11): 2576–2597. doi:10.1093/jac/dks275. PMID 22833634.
    3. Yao (2014年3月19日). FDA approves Impavido to treat tropical disease leishmaniasis”. FDA NEWS RELEASE. U.S. Food and Drug Administration. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
    4. Control of the leishmaniasis: report of a meeting of the WHO Expert Committee on the Control of Leishmaniases. World Health Organization. (March 2010). pp. 59, 88, 186. ISBN 9789241209496. オリジナルの2016-06-08時点におけるアーカイブ。. http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/44412/1/WHO_TRS_949_eng.pdf?ua=1
    5. Greenwood, David (2008) (英語). Antimicrobial Drugs: Chronicle of a Twentieth Century Medical Triumph. OUP Oxford. p. 310. ISBN 9780199534845. オリジナルの2017-09-10時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=i4_FZHmzjzwC&pg=PA310
    6. Kumar, Awanish (2013) (英語). Leishmania and Leishmaniasis. Springer Science & Business Media. p. 39. ISBN 9781461488699. オリジナルの2017-09-10時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=5eG5BAAAQBAJ&pg=PA39
    7. WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
    8. 健栄製薬 | 48号 脳食いアメーバ | 感染対策・手洗いの消毒用エタノールのトップメーカー (日本語). www.kenei-pharm.com. 2020年10月3日閲覧。
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.