ミルクイ

ミルクイ海松食水松食、学名 Tresus keenae)は、二枚貝綱バカガイ科の1種。ミルガイ(海松貝、水松貝)、あるいはミルクイガイ(海松食貝)とも呼ばれる。季語、三冬。

ミルクイ
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 異歯亜綱 Heterodonta
: バカガイ科 Mactridae
亜科 : オオトリガイ亜科 Lutrariinae
: ミルクイ属 Tresus
: ミルクイ T. keenae
学名
Tresus keenae (Kuroda[1] & Habe, 1952)
和名
ミルクイ
ミルガイ
英名
mirugai clam
(type of) horse clam
(type of) gaper clam

形態

殻長15cmほどの大きな二枚貝で、殻表は暗褐色の殻皮で覆われる。体の後ろにある水管が大きく発達しているのが特徴で、水管を殻の中にひっこめることはできない。

水管は黒い皮におおわれており、海藻が生えることもある。この水管に海藻が生えた様が「ミルを食べている」ように見えたことからミルクイの名がついた。なお、密生した海藻がまるで葉が集まったように見えるために海松と書かれるが、ミルばかりが水管に生えるわけではない。

生態

浅瀬の砂泥底に、深い穴を掘って暮らす。

日本における概要

分布

日本全国に分布し、主に瀬戸内海三河湾東京湾などの内湾の砂泥底に生息する。

食材

大きな水管を食用にし、刺身寿司ネタ、塩焼きなどにされる。その他の部位は捨てられるが食べられない訳ではない。日本産のミルクイは減少し今や高級食材の一つとなっており、一般に流通しているミルクイのほとんどは中国産や韓国産である。

代用食材
中華料理屋で値札付きで飼育されるアメリカナミガイ(ミルクイではない)

ミルクイの代用食材として利用される種に、通称「白みる(白ミル)」のナミガイ Panopea japonica (A.Adams, 1850)アメリカナミガイ Panopea generosa がいる(いずれも別上科のキヌマトイガイ上科キヌマトイガイ科)。ナミガイは千葉県東京湾兵庫県播磨灘山口県周防灘愛知県三河湾などが主産地で殻付きの活きたものが売られ、アメリカナミガイはカナダなどからの輸入品が回転寿司などの「みる貝」によく利用される。ミルクイはこれら白みる貝と区別する意味で「本ミル」(稀に「黒ミル」)と呼ばれるが、少なくとも20世紀末以降の流通量はナミガイ類(白みる)の方が圧倒的に多い。とは言え、代用品とされる白みる類も大変美味な貝類である。

  1. 黒田長礼(1889-1978)鳥類学者 or 黒田徳米(1886-1987)貝類学者
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.