ミノア語

ミノア語(ミノアご)は古代クレタの言語である。そのギリシア語との関係は不明であり、島の文明が大陸のものに取って代わられる前に話されていた。

クレタ島のミノア文明

1900年、イギリス考古学者アーサー・エヴァンズはクレタ島のクノッソス宮殿跡を発掘し、多数の粘土板を得た。エヴァンズは粘土板の文字を聖刻文字線文字A線文字Bに分類した。これらの文字は未解読だったが、ミノア語を表すものとされた。

後に線文字Bはギリシア語の一種(ミケーネ・ギリシャ語)を表記していることが明らかとなり、ミノア語から外された。のこり2つの文字は未解読のままであり、同一の言語を表しているかどうかも明らかでない。

クレタ島で紀元前1千年紀に使われた言語に純正クレタ語があるが、ミノア語との関係は不明である。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.