ミズヒキイカ

ミズヒキイカ(Magnapinna pacifica)は、ミズヒキイカ科イカであり、3体の未熟な個体のみが知られている。うち2体は水深300m未満から、1体は魚の胃袋の中から発見された。ミズヒキイカは、ミズヒキイカ属模式種である。隣接する腕より太く無数の吸盤が付いた下足が特徴である。

ミズヒキイカ
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 頭足綱 Cephalopoda
亜綱 : 鞘形亜綱 Coleoidea
上目 : 十腕形上目 Decapodiformes
: 開眼目 Oegopsida
: ミズヒキイカ科 Magnapinnidae
: ミズヒキイカ属 Magnapinna
: ミズヒキイカ M. pacifica
学名
Magnapinna pacifica
Vecchione & Young, 1998

ミズヒキイカは、3つの個体に基づき、1998年にMichael VecchioneとRichard E. Youngにより初めて記載された。正基準標本は、カリフォルニア州の水深0-200mの湾で、プランクトンネットで捕獲された外套膜の長さ51mmの若い個体である。副模式標本は、ミズウオの腹の中から発見された外套膜長49mmの若い個体である。これは当初乾燥していたが、後に水で戻された。3つめは外套膜長19.1mmの幼体で、ハワイ州の水深0-300mで、プランクトンネットで捕獲された。

出典

  • Vecchione, M. & R.E. Young. 1998. The Magnapinnidae, a newly discovered family of oceanic squids (Cephalopoda; Oegopsida). South African Journal of Marine Science 20: 429-437.

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.