マールテン・ホッタイン

マールテン・ホッタイン(Maarten Houttuyn もしくは Houttuijn、ラテン語表記 Martinus Houttuyn、1720年 - 1798年5月2日)は、オランダ医師博物学者である。リンネの『自然の体系』に影響を受けて、37巻の博物書を出版した。

Natuurlijke Historieの表紙

生涯

ホールンに出版業者の息子生まれた。ライデン大学医学を学び1749年に学位を得て、しばらくホールンで医者を務めた後アムステルダムに移った。1761年から1785年の間にわたて37巻の植物書、"Natuurlijke Historie of uitvoerige Beschrÿving der Dieren, Planten en Mineraalen, volgens het Samenstel van der Heer Linnaeus"(仮訳『リンネ氏の体系による動物、植物鉱物の自然史』)を出版した。22,000ページで296の図版を含む大著で、リンネの『自然の体系』などの分類学の著書に基づいていた。

ドクダミ科ドクダミ属の学名(Houttuynia thunb.)はホッタインに献名されている。

著書

  • Natuurlijke Historie of uitvoerige Beschrÿving der Dieren, Planten en Mineraalen, volgens het Samenstel van der Heer Linnaeus. 37 巻, Amsterdam 1761–1785.(概要の外部リンク
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.