マーガレット・マーラー

マーガレット・S・マーラー(Margaret Schoenberger Mahler)、ハンガリー名マーレルネー=シェーンベルゲル・マルギト(Mahlernő Schoenberger Margit, 1897年5月10日 - 1985年10月2日)は、オーストリア=ハンガリー帝国生まれの精神科医精神分析家、児童心理学者。発達心理学に関する多くの理論を発表した。

精神分析学のシリーズ記事 
精神分析学

ショプロンのユダヤ人一家に生まれる。1936年にポール・マーラーと結婚。ナチ党の台頭を恐れた夫婦はイギリスに逃れ、1938年にアメリカに渡った。1939年にベンジャミン・スポックと出会う。

1985年10月2日、ニューヨークで死去。

マーラーの分離個体化理論(separation-individuation theory)

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.