マングローブ

マングローブ: mangrove[1])とは、熱帯および亜熱帯地域の河口汽水域の塩性湿地にて植物群落森林を形成する常緑高木低木の総称[2][3][4][5][6][7]漢訳した日本語で「紅樹(こうじゅ)」といった場合、オヒルギ[3]、または、オヒルギなどヒルギ科常緑樹[2][7]、あるいは、マングローブの構成種全般[2]を指す。

ブラジル北部はパラー州のマングローブ林

また、集合体すなわち「植物群落」[6]または「森林」としては英語で "mangrove thicket"[ en: mangrove〈マングローブ〉+ thicket〈低木の茂み、雑木林〉]といい[8][6]、日本語ではこれを訳して「マングローブ林( - りん)」という[8]。さらに、漢訳した日本語では「紅樹林(こうじゅりん)[2][3][4][5][6][7][9]」といい、時に「海漂林(かいひょうりん)」ともいう。なお、の総称としての「マングローブ」と集合体としての「マングローブ林」は、研究者や辞事典[4][5][7]も含めて厳密に使い分けされているとは言えず、前者は後者の意味でも用いられる。後者の表現に限って前者を指すことはまず無い。

マングローブ林は2016年の時点で126の国や地域に分布しており、分布総面積は15,200,000ヘクタールと推定されている[10]。主として、オセアニア南洋諸島からオーストラリアまで)、東南アジアを主とするアジア大陸南東部、インド亜大陸東アフリカ南部(マダガスカル島を含む)、西アフリカ南アメリカ大陸北部、中央アメリカ西インド諸島北アメリカ南部(メキシコフロリダ半島)の沿岸地域に分布する(■画像を参照)。日本では南西諸島全域と九州南部(沖縄県全域と鹿児島県南部)に自然分布するが、本州にも人工的に移植された場所がある(※後述:#日本のマングローブ)。一方で伊豆・小笠原・マリアナ島弧には見られない。

特に20世紀後半以降、世界中のマングローブ林の多くは開発による伐採が問題になっている(※「マングローブの破壊と再生」節にて詳説する)

語源・用語

マングローブの語源は、マレー語潮間帯に生育する樹木の総称を表すmangi-mangi(マンギ・マンギ)に、英語で小さい森を表すgroveの合成である[11]

マングローブという用語は「森林全体」と森林を構成する「種」を表す場合があり、混乱を招くため、前者を「マングローブ(林)」、後者を「マングローブ植物」と使い分けることが一般的である。また、前者をマンガル(mangal)、後者をマングローブと区別することもある[12][13]

成立条件

2000年における世界のマングローブ林の分布

マングローブ林は一般的に熱帯から亜熱帯の波浪の影響が弱い、中等潮位付近から最高高潮位までの高位干潟に成立する[10]宮城豊彦は、マングローブ林が成立する立地を次の3つに分類している[10]

デルタ・エスチュアリ型
の河口域に存在し、河川による堆積作用によって形成された干潟上に成立するタイプ
砂州・浜堤-ラグーン型
海側に形成された砂州浜堤によって作られた、静穏な環境にあるラグーンや湿地内の干潟に成立するタイプ
干潟・サンゴ礁型
沿岸の島との間に形成された陸繋砂州やサンゴ礁によって形成された干潟上に成立するタイプ

波当たりのない、遠浅で汽水の場所であるのでがたまりやすく、泥質に生育する樹木には往々に見られることであるが、泥質の中は酸素が不足がちになるため、呼吸根といわれる、地表に顔を出すを発達させるものが多い。 マングローブの、外縁(海側)のものは満潮時には幹や一部の葉まで海水に浸り、内側のものは塩分を含む泥質ではあるが直接に海水を被ることはなくそこから陸上の植生につながる。生育する植物の種は群落内の各地点で異なり、耐塩性の違いなどによって帯状分布を示す[10]

亜熱帯上部、たとえば九州ではせいぜい2mの高さのところもあるが、熱帯地域では30mに達するものがある。また、特有のつる植物もあり、場所によっては若干の草本も出現する。

生態系の特徴

マングローブは干潟の性質を持ちつつ、そこに樹木が密生する場所である。干潟は、河川上流からや海から供給される有機物が集まって分解される場所であるため、非常に生産力の大きい環境であり、多くの生物の活動が見られる場所である。しかし、表面構造の単純さが、生物にとって大きな難関になっている。

それに対してマングローブでは同様な環境でありながら、樹木が密生し、特徴的な呼吸根が発達することでその表面の構造が複雑になり、様々な動物の隠れ家を与えて、その幹の表面はコケ類や地衣類の繁殖を許す。一方で、その複雑さゆえに、人が領域を歩くことは困難となっている。普通の森のように人が歩いて進むことは不可能だと言える。(人が進むときは、マングローブの領域を避けるしかない。)

底質は砂泥で、多くの有機物を含むことから、表面以下では有機物の分解に伴う酸素消費によって嫌気性環境となり、硫化水素の発生を引き起こす。 河川からの土砂など無機物流入の少ないマングローブでは、枯死したヤエヤマヒルギなどの植物が分解されずに蓄積し、マングローブ泥炭を生成する[10]。マングローブ泥炭には豊富な炭素蓄積機能があり、温室効果ガスの吸収源として重要視されている。

マングローブ植物

主要な種

水面下に根を張るマングローブ

マングローブを構成する植物は世界に70-100種程度あり、主要な樹木の多くがヒルギ科クマツヅラ科ハマザクロ科(マヤプシキ科)の3科に属する種である。

日本国内で、マングローブにのみ分布が限定される種は、メヒルギ(ヒルギ科)、オヒルギ(ヒルギ科)、ヤエヤマヒルギ(ヒルギ科)、ハマザクロ(ハマザクロ科、別名:マヤプシキ)、ヒルギダマシ(クマツヅラ科またはキントラノオ科キツネノマゴ科ヒルギダマシ亜科)、ヒルギモドキシクンシ科)及びニッパヤシヤシ科)の5科7種である。これらは、マングローブの主要な構成種であり、分類学的にも近縁の群からかけ離れている。

上記の種に付随して、サキシマスオウノキシマシラキテリハボクサガリバナ、オキナワキョウチクトウ(ミフクラギ)等の樹木が生育するほか、シイノキカズラなど特有のつる植物や草本をともなう場合がある。これらの付随する種は、後述する半マングローブを構成する種も含まれる。

特徴

西表島のマングローブ(オヒルギ林)。

主要構成樹種のヒルギ科の植物は、いずれもつやのある楕円形の葉を持つ。葉は分厚く、厚いクチクラ層に覆われる。呼吸根をもち、その形は種によってさまざまである。メヒルギはわずかに板根状になる。オヒルギのものは膝状に地表に顔を出す。ヤエヤマヒルギの場合、タコの足状に地表より上から斜めに根が伸び、幹を支えるようになるので支柱根とよぶ。

また、これらの植物は、果実が枝についている状態で、が伸び始め、ある程度の大きさに達すると、その根の先端に新芽がついた状態で、果実から抜け落ちる。このように、親植物の上で子植物が育つので、このような種子胎生種子[注 1]と呼ぶ。親を離れた種子は、海流に乗って分散(海流散布)し、泥の表面に落ちつくと成長を始めるが、親植物から離れた後、下の泥に突き刺さり、その場所で成長することもある。

他にも、マングローブを構成する木はいろいろあるが、海流に乗って分散する種子を作るものは数多い。

帯状分布

マングローブの樹種には地盤の高さと潮汐環境によって帯状分布が見られる[10]

日本の場合は、一番海側にはヒルギダマシがまばらに出現する。低木で、根が泥の浅いところを這い、一定間隔でタケノコのように棒状の呼吸根を出す。背が高くならないので、満潮時には株全体が海水に没する場合がある。場所によってはハマザクロがここに出現する。

それより陸側では北方ではメヒルギ、南方ではヤエヤマヒルギが密な群落を作る。その内側にはオヒルギが生育する層がある。 さらに陸側の、ほとんど海水を被らないが、海水の影響を受ける区域には、サガリバナや、巨大な板根を作るサキシマスオウノキなどが生育している。西表にも生育が見られ、より南の海洋島にも広く分布するゴバンノアシもここに生育する。このあたりまでがマングローブ(林)であり、それより内陸へは、次第に陸の植生へと続く。このマングローブと陸地の境界付近にあたるやや乾燥した区域をバックマングローブと呼ぶ。

半マングローブ

真のマングローブ(true mangrove)に類似した植生として、半マングローブ(semi-mangroveまたはminor-mangrove)があり、広義のマングローブとして考えられている。マングローブ植物が、自然状態では潮間帯のみに生育し、陸地に分布を広げないのに対し、半マングローブを構成する植物(以下、「半マングローブ植物」とする。)は陸地での生育も可能な種が含まれる。半マングローブはマングローブと混在、あるいは周辺の陸地部に立地する。

また、半マングローブ植物もマングローブ植物と同様に、海水の塩分に対し適応した形態クチクラ層が発達したなど)や生理機能(塩分排出能など)を持っている種もある。

日本では、半マングローブを構成する植物として、代表的な種としてハマボウハマジンチョウハマナツメテリハボクなどが挙げられるが、上述した種も含まれる。

マングローブに生息する動物

アメリカヒルギの葉を運ぶカニの1種
ヤエヤマヒルギの根元で活動するオキナワハクセンシオマネキ[注 2]

マングローブは陸地の森林と同じく、さまざまな動物に対して生息環境を与えている。マングローブの海側は海水の影響を大きく受け、陸側は海水の影響を小さくし、潮位等に勾配が生じる。また、マングローブの、枝の広がりなどは多様な空間を創造する。このようにその生息環境は多様である。マングローブに生息する主要な動物は海産の底生生物甲殻類貝類等)や魚類であるが、スナドリネコのような哺乳類鳥類昆虫類なども利用している。

潮が引いた時には、多数のカニ等の甲殻類が出現する。干潟の近くではシオマネキ類やミナミコメツキガニなどが出現し、森の中にはアシハラガニ類やイワガニ類が多数生息している。潮が満ちると地面に掘った穴の中にもぐりこんでやり過ごすものが多いが、中には木に登って過ごすものもある。潮が満ちるとガザミノコギリガザミなど、大型のカニが姿を現す。貝類では、キバウミニナなどの巻貝ヒルギシジミ (Geloina coaxans) などの二枚貝がいる。これらの多くはマングローブ植物の落葉や種子を食べている。特にマングローブの落葉を直接消費するキバウミニナやある種の大型のカニ類はマングローブ生態系の炭素循環において重要な存在である。

ヤエヤマヒルギの根元で活動するミナミトビハゼ

魚類では、干潟や呼吸根の上でミナミトビハゼなどのトビハゼ類が活動するが、潮が満ちると他の多くの海水魚が侵入する。木の呼吸根が複雑に入り組んだマングローブ地帯は身を隠すのに都合がよく、アイゴ類やハゼ類など、多くの小魚がみられ、さらにそれらを捕食するフエダイ類やオオウナギなどの大型魚もいる。

大東諸島に生息するダイトウオオコウモリはマングローブを昼間のねぐら場所として利用している[14]西表島での調査結果によるとメジロを中心とした鳥類の混群が確認されており、特にメジロはオヒルギを餌としていることも報告されている[15]

マングローブ植物そのものを生息場所としている動物もいる。貝類のイロタマキビガイイワガニ科ヒルギハシリイワガニ (Metopograpsus latifrons) などはマングローブ植物の幹や支柱根で生活している。固着性動物であるフジツボの仲間のシロスジフジツボがヤエヤマヒルギに付着している事例も報告されている[16]。この様な事からマングローブは「命のゆりかご」と呼ばれている。

日本のマングローブ

石垣島宮良川河口の群落
沖縄本島漫湖の群落
静岡県南伊豆町のメヒルギ群落

日本では、鹿児島県種子島西之表市湊川河口が自然分布でのマングローブの北限で世界的にも北限に位置するが、メヒルギのみ生育している。 奄美大島最大のマングローブは住用(すみよう)川と役勝(やくがち)川が合流する河口域(奄美市)にあり、奄美群島国立公園の特別保護地区(マングローブ原生林)として保護されている。 なお、マングローブに似た植生として、九州南端の鹿児島市喜入町にあるメヒルギ群落が、喜入のリュウキュウコウガイ産地として特別天然記念物に指定されている。 しかし、江戸時代に移植されたもので、自然分布での北限は種子島である。

屋久島の栗生川でもメヒルギが生育し、町指定天然記念物として保護されている。伊豆半島のではメヒルギが植樹されており定着の北限とされる。

沖縄島(沖縄本島)には、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギモドキの4種が生育しており、このうちヒルギモドキは島北部の億首川の河口にしか見られない。ヤエヤマヒルギとヒルギモドキについては、沖縄島が北限である。その他に、島北部東村慶佐次、南部の漫湖等でマングローブが発達している。

久米島には、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギの3種が生育している。島東部の儀間川河口に島唯一のマングローブが成立している。

宮古島には、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギダマシの4種が生育しており、このうちヒルギダマシは宮古島が北限である。島北部の島尻にマングローブがある。

石垣島には、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギダマシ、ヒルギモドキ、マヤプシキの6種が生育しており、このうちマヤプシキは石垣島が北限である。宮良川河口のマングローブが「宮良川のヒルギ林」として国の天然記念物に指定されているほか、島西部の名蔵アンパルにもマングローブが広がり、国指定鳥獣保護区及びラムサール条約登録地になっている。

西表島には、マングローブ植物7種が全て生育しており、仲間川浦内川の河口に広大なマングローブが発達している。特に仲間川のマングローブは、「仲間川天然保護区域」として国の天然記念物に指定されている。

マングローブの破壊と再生

近年、世界各地でマングローブの破壊が問題になっている。東南アジアでは、木炭の材料とするための伐採と、海岸沿いの湿地を日本向けのウシエビ(ブラックタイガー)やバナメイエビなどのエビ養殖場とするための開発が主な原因となっている。また、家畜の飼料とするための伐採も行われている。そのため、あちこちでマングローブが消滅しつつある。

熱帯雨林の破壊が地球温暖化とのかかわりで問題になったように、マングローブの破壊も同様な問題として注目されるようになった。また、マングローブが海の水質浄化にはたす役割が大きいことが知られるようになり、世界の湿地帯の価値の見直しとも連動し、その意味でも注目を受けつつある。

また、2004年スマトラ島沖地震以降、マングローブによる津波被害の軽減の効果が指摘された。マングローブが自然の防波堤となることで、津波の人への被害の原因となる漂流物体が食い止められるというものである。スマトラ沖地震で大きな被害をうけた東南アジア諸国では、マングローブの再生への関心が高まっている。

現在、あちこちでマングローブの再生を目指した試みが行われている。紅海では砂漠の沿岸でマングローブの形成が試みられた。砂浜では風と波のために生育が維持できないが、枯れ木などを使って柵を作り、水流を止めるようにすれば生育が始まり、群落が少し出来れば、それが波除けとなって次第に面積が広がると言う。

日本でもマングローブの浄化作用を利用しようとの目的で、マングローブ林形成を目指す事業が各地で行われている。沖縄県那覇市漫湖にはマングローブ林が植樹され、分布範囲が広がっている。しかし、上流からの土砂の流入や生活排水の流入、廃棄物が原因という可能性もあるが、干潟の陸地化や悪臭などの問題も生じている。

さらに、伊豆半島青野川など本州の太平洋岸地方でも、あちこちでマングローブを育てようとの試みが行われている。これらの地域は、本来の分布域ではなく、そのままでは生育させることが難しい。そこで、ビニールシート等をかけて保温する方法などもとられている。だが、本来根付かない植生を根付かせることは自然植生の撹乱であるとの意見もある。

脚注

注釈

  1. 胎生種子”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  2. 学名Uca lactea perplexaシノニムCeluca lactea perplexa

出典

  1. 小学館プログレッシブ英和中辞典』第4版. mangrove”. コトバンク. 2019年11月14日閲覧。
  2. 小学館『デジタル大辞泉』. マングローブ”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  3. 三省堂大辞林』第3版. マングローブ”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  4. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. マングローブ”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  5. 小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. マングローブ”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  6. 平凡社百科事典マイペディア』. マングローブ”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  7. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. マングローブ”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  8. 平凡社『世界大百科事典』第2版. マングローブ林”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  9. 紅樹林”. コトバンク. 2019年11月15日閲覧。
  10. 藤本潔宮城豊彦、西城潔、竹内裕紀子(編著}『微地形学:人と自然をつなぐ鍵』 古今書院 2016年 ISBN 978-4-7722-7141-7 pp.80-104.
  11. 諸喜田 1997, p. 64.
  12. Mac nae 1968
  13. 土屋・宮城 1991, p. 164.
  14. 伊澤ほか 2002
  15. 伊澤ほか 2001
  16. 土屋・宮城 1991, pp. 177-178.

参考文献

書籍
  • 池原貞雄(編著)、加藤祐三(編著)、ほか『沖縄の自然を知る』築地書館、1997年10月1日。ISBN 4-8067-1149-7。OCLC 674865395ISBN 978-4-8067-1149-0。
  • 諸喜田茂光「マングローブと生き物たち」
  • Mac nae(1968年)。※上記の書籍の1355頁からの再引用。
論文
  • 伊澤雅子、ほか「亜熱帯マングローブでのメジロを核にした混群形成」
  • 伊澤雅子、ほか「ダイトウオオコウモリによるねぐらとしてのマングローブ利用に関する研究」

関連文献

  • Vo Quoc, Tuan; Kuenzer, Claudia; Vo Quang, Minh; Moder, Florian (April 2012). “Review of valuation methods for mangrove ecosystem services” (英語). Ecological Indicators (Elsevier B.V.) 23 (431–446). doi:10.1016/j.ecolind.2012.04.022.
  • Vo Quoc, Tuan; Oppelt, Natasche; Leinenkugel, Patrick; Kuenzer, Claudia (2013). “Remote Sensing in Mapping Mangrove Ecosystems - An Object-based Approach.” (英語). Remote Sensing (MDPI) 5(1) (183-201). doi:10.3390/rs5010183.
  • Kuenzer, Claudia; Bluemel, Andrea; Gebhardt, Steffen; Vo Quoc, Tuan (2011). “Remote Sensing of Mangrove Ecosystems: A Review.” (英語). Remote Sensing (MDPI) 3(5) (878–928). doi:10.3390/rs3050878.

外部リンク

  • ISME”. 公式ウェブサイト. 国際マングローブ生態系協会 (ISME). 2019年11月15日閲覧。
  • Mangrove swamp (英語) - Encyclopedia of Earth「マングローブ沼」の項目。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.