マルキーズ諸島

}

ヒバオア島のティキ像
マルキーズ諸島の旗

マルキーズ諸島(マルキーズしょとう マルケサス諸島ともいう、仏:îles Marquises、英:Marquesas Islands)とは南太平洋にあるヌクヒバ島ヒバオア島など14の火山島からなる諸島で、フランス領ポリネシアの一部を成し、タヒチ島からは北東に約1,500キロメートルの海域に位置する。

概要

諸島は寒流ペルー海流が流れる影響のためサンゴ礁はなく、険しい海食崖を示す。先住民はポリネシア系で、先住民の言葉ではこの島々は「テ・ヘヌア・エナナ」。

総面積は約1,240平方キロメートルで人口は8,064人、中心地はヒバ・オア島アトアナと、ヌク・ヒバ島タイオハエ。主な経済はコプラバニラタバコの輸出。

1595年スペイン人が来航し、1842年フランス領となった。それ以降、ヨーロッパ人の捕鯨の漁夫による暴力や、彼らが持ち込んだ病気などにより人口が激減した。

画家ゴーギャンはヒバオア島で没した。ハーマン・メルヴィルの小説『タイピー』はヌクヒバ島が舞台である。

マルキーズ諸島の島々

マルキーズ諸島は、北部と南部とに分かれており、全部で14の島々からなる。

諸島

マルキーズ北部

ウア・フカ島
  • エイアオ島
  • ハトゥトゥ島
  • Motu Iti
  • Motu Oa
  • Motu One
  • ヌク・ヒバ島
  • ウア・フカ島
  • ウア・ポウ島

マルキーズ南部

  • ファトゥ・ヒバ島
  • ファトゥ・フク島
  • ヒバ・オア島
  • Moho Tani
  • Motu Nao
  • タフアタ島
  • Terihi

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.