マラコフ

マラコフMalakoff)は、フランスイル・ド・フランス地域圏オー=ド=セーヌ県コミューンパリ14区と接している。

Malakoff

行政
フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) オー=ド=セーヌ県
(arrondissement) アントニー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 92046
郵便番号 92240
市長任期 カトリーヌ・マルガテ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) メトロポール・デュ・グラン・パリ
人口動態
人口 30,735人
2007年
人口密度 14,848人/km2
地理
座標 北緯48度49分01秒 東経2度17分40秒
標高 最低:67 m
最高:80 m
面積 2 07km2
Malakoff

交通

由来

1883年11月、マラコフはヴァンヴから分離して誕生した。マラコフの名は、セヴァストーポリ近くにあった監視塔、マラコフ塔にちなむ。クリミア戦争さなかの1855年、この塔を奪ったパトリス・ド・マクマオン将軍は、セヴァストーポリを占領した。戦果はフランスはおろかヨーロッパ中で祝われ、開発家のアレクサンドル・ショヴロがパリ南部にマラコフ塔を再現した[1]。この塔は、1870年の普仏戦争時に壊された。敵が塔を占拠した場合、パリが標的となることを恐れてのことであった。

歴史

1898年、アンリ・ルソーの描いたマラコフ

マラコフは県内で歴史の浅いコミューンの1つである。18世紀まで、ここはわずか数軒の民家しかない、森が多く小道が横断しているだけの土地だった。この人もまばらな土地は、プティ・ヴァンヴ(Petit Venves)という名で呼ばれ、ヴァンヴの教区に入っていた。

19世紀に入り、パリの豊かな成長にマラコフの石が切り出されて供給され、急速に現在の町の姿へ変わっていった。

地元生まれの開発家、アレクサンドル・ショヴロが一般労働者を対象として、多くの休閑地を売り出した。小さな住宅が立ち並ぶ市街の姿は1850年に完成された。この時、ヌーヴェル=カリフォルニー(Nouvelle-Californie)と呼ばれていた。

姉妹都市

出身者

脚注

  1. http://www.ville-malakoff.fr/web/1601.htm Histoire de Malakoff sur le site de la ville

外部リンク

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.