マジェンタの戦い

マジェンタの戦い: La Battaglia di Magenta)は、第二次イタリア独立戦争中の1859年6月4日、イタリア北部ロンバルディア地方マジェンタ近郊において、サルデーニャ王国(ピエモンテ)軍・フランスの連合軍とオーストリア帝国軍で行われた戦闘である[1]。 戦闘はサルデーニャ・フランス連合が勝利した。

マジェンタの戦い
戦争第二次イタリア独立戦争
年月日1859年6月4日
場所ロンバルド=ヴェネト王国マジェンタ
結果:サルデーニャ・フランス連合軍の勝利
交戦勢力
フランス帝国
サルデーニャ王国
オーストリア帝国
指導者・指揮官
ナポレオン3世 フランツ・ヨーゼフ1世
第二次イタリア独立戦争
  • モンテベッロ
  • ヴァレーゼ
  • サン・フェルモ
  • パレストロ
  • トゥルビーゴ
  • ボッファローラ
  • マジェンタ
  • メレニャーノ
  • トレポンティ
  • ソルフェリーノ

この戦いにちなんで、フランス側の将軍パトリス・ド・マクマオンがマゼンタ公爵に叙せられた。また、この年に発明された染料にマゼンタという名前がつけられ、この年パリ市街に完成した通りがマゼンタ通りと命名された。

この戦闘中にフランスのズワーヴ兵が着ていた制服の赤紫色をマゼンタと呼ぶようになったとも言われる。

脚注

  1. 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説”. コトバンク. 2018年2月11日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.