ボルボ・S40

ボルボ・S40(エスよんじゅう)はボルボ・カーズ1995年から2012年まで製造・販売していた乗用車である。ボディタイプはセダンである。

歴史

初代

ボルボ・S40(初代)
1995年 - 2004年
前期型(1995年-2000年)
後期型(2000年-2004年)
製造国 オランダ
販売期間 1995年 - 2004年
デザイン ピーター・ホルベリー
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
変速機 4速・5速AT / 5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:マルチリンク
全長 前期:4,470mm
後期:4,521mm
全幅 前期:1,720mm
後期:1,717mm
全高 前期:1,410mm
後期:1,423mm
ホイールベース 前期:2,550mm
後期:2,557mm
車両重量 1,330 - 1,405kg
先代 ボルボ・460
-自動車のスペック表-

前期型(1995年 - 2000年)

ボルボ・460の後継モデルとして当初はS4として計画されたが、アウディ・A4のスポーツモデルであるアウディ・S4と名称が重複することからS40に変更された。

製造工場は、オランダボルボ三菱自動車工業フォード合弁事業)のネッドカー工場。三菱・カリスマとプラットフォームを共有する。主にオーストラリア、北アメリカおよび南アメリカ、および極東で販売された。

英国のデザイナー、ピーター・ホルベリーがデザインを手がける。

S40はユーロNCAPで4つ星を得た最初の車種であった。

後期型(2000年 - 2004年)

2000年7月、内外装のマイナーチェンジを実施。ヘッドランプ・テールレンズの変更およびブレーキ径の拡大、タイヤの大型化の他サスペンションの改良などが行われた。

ボルボ独自の安全装備である乗員保護システムWHIPSが装備される。WHIPSとは追突時の乗員の動きに合わせてシートがリクライニングし「むち打ち症」などの長期後遺症のリスクを軽減するシステムである。

2代目

ボルボ・S40(2代目)
2004年 - 2012年
前期型(2004年-2007年)
後期型(2007年-2012年)
製造国 ベルギー
販売期間 2004年 - 2012年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 前輪駆動/四輪駆動
変速機 6速DCT
5・6速AT
5・6速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:マルチリンク
全長 4,475mm
全幅 1,770mm
全高 前輪駆動:1,452mm
四輪駆動:1,470mm
ホイールベース 2,640mm
車両重量 1,399 - 1,550kg
プラットフォーム ボルボ・P1プラットフォーム
-自動車のスペック表-

前期型(2004年 - 2007年)

2004年5月に発売。

プラットフォームは、マツダ・アクセラフォード・フォーカスなどと共通の「フォード・C1プラットフォーム」(「ボルボ・P1プラットフォーム」)を用いている。

衝突安全性においては、ボディが複数のクランプルゾーン(衝撃吸収前後ボディ構造)で構成され、側面には「SHIPS」、後方には「WHIPS」と呼ばれるボルボ独自のシステムが装備されている。

エンジンは1.6L・1.8L・2.0Lの直4DOHCガソリン(同じフォードグループのマツダが開発)と2.4L・2.4Lターボ直5DOHCガソリン、1.4L・2.0Lの直4DOHCディーゼルと2.4Lの直5DOHCディーゼルがラインナップされている(ディーゼルは北米では販売されていない)。駆動方式は前輪駆動/四輪駆動

後期型(2007年 - 2012年)

2007年9月、フェイスリフトが行われ、後期型となる。エントリーモデルとして「2.4Aktiv」を新設し、ラインナップを一新する。

2009年3月、新しく導入された直列4気筒 2.0リッターのガソリンエンジンと、新開発の6速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせた「2.0e」をラインナップに追加。

2012年ハッチバックモデルのV40(2代目)発売に伴い、セダンはこのモデルを最後に廃止となる。

モータースポーツ

1998年のBTCCに出場したジャンニ・モルビデリのS40。
  • 1998年 英国ツーリングカー選手権(BTCC)に2台フル参戦。ドライバーは、リカルド・リデルと元F1ドライバーのジャンニ・モルビデリのコンビ。ボディーカラーは、シルバー/ブルーに変更された。この年リデルが初のドライバータイトルを獲得した。この年からスウェーデンツーリングカー選手権(STCC)にも参戦を開始。ドライバーは、昨年と一昨年850をドライブして2年連続チャンピオンを獲得した、ヤン・ニルソンジェーンズ・エドマンが参戦。チームはシアン・レーシング。合計6勝する好成績を残し、ドライバーランキングは、ニルソンが2位、エドマンは9位となった。STCCと同じくこの年からオーストラリア・スーパーツーリング選手権(ASTC)にも参戦を開始。ドライバーはジム・リチャーズ。同年オーストラリアの耐久レースであるバサースト1000に2台参戦。リカルド・リデル/ジム・リチャーズ組とヤン・ニルソン/ティム・ハーベイ組がそれぞれ参戦。リデル/リチャーズ組が総合優勝を果たしている。
  • 1999年 英国ツーリングカー選手権(BTCC)に2台がエントリー。ドライバーはリカルド・リデルとヴィンセント・ラダーメッカ。この年は、日産・プリメーラ勢が圧倒的な強さを発揮し、ドライバータイトル獲得はならなかったが、リデルはこの年も4勝を挙げ、シリーズ3位となった。オーストラリア・スーパーツーリング選手権にも2台が参戦。ドライバーはジム・リチャーズがフル参戦し、キャメロン・マクリーンマーク・ウィリアムソンマーク・アダトーンが交代で参戦した。この内リチャーズがドライバーランキング2位を獲得。アダトーンも6位と好成績を残した。BTCCとASTCからは、同年をもって撤退した。スウェーデン・ツーリングカー選手権(STCC)にも2台がフル参戦。エドマンとニルソンが引き続き続投した。
  • 2000年 引き続きスウェーデンツーリングカー選手権(STCC)に2台フル参戦。ドライバーはヤン・ニルソンと昨年のチャンピオンでアウディから移籍してきた、マティアス・エクストローム。チャンピオンには届かなかったが、それぞれ3勝し、トミー・ラスタット(日産)、フレドリック・エグブロム(アウディ)に次いで、ドライバーランキング3位にエクストロームが入り、ニルソンも4位に入った。この年の最終戦には3台目がスポット参戦。ドライバーは3年振りにS40をドライブすることになったケルヴィン・バート。
  • 2001年 スウェーデンツーリングカー選手権(STCC)に2台がフル参戦。ドライバーはヤン・ニルソンとチームに復帰したジェーンズ・エドマン。最終戦には3台目がエントリーし、BTCCで1998年のチャンピオンを獲得した、リカルド・リデルがスポット参戦した。リデルは昨年のBTCCでは、フォード・モンデオをドライブしており、1年振りにS40をドライブした。ドライバーランキングは、ニルソン2位。エドマンも3位となった。
  • 2002年 引き続きSTCCに2台参戦 。ドライバーはニルソンが残留し、新たにエドワード・サンドストロームを迎えた。ニルソンが年間ドライバーズランキング2位を獲得し、マニュファクチャータイトルを獲得した。この年限りでS40はS60に代わる形となりSTCC参戦を終了した。同年STCCにも参戦していたジャリエ・ガスランドノルウェーツーリングカー選手権に参戦。第2大会からS40に乗り換え、シーズン終了まで参戦し、シリーズチャンピオンを獲得した。


関連項目

リンク

ウィキメディア・コモンズには、ボルボ・S40に関するカテゴリがあります。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.