ボフスラーウ地区

ボフスラーウ地区(ボフスラーウちく、ウクライナ語Богусла́вський райо́н)はウクライナキエフ州に属する地区である。キエフ州の南部に位置する。地区庁所在地はボフスラーウ市。

キエフ州におけるボフスラーウ地区の位置。

概要

1923年3月7日に編成された。1925年に廃止となったが、1933年に再編成された。1962年タラッシュチャ地区1965年ムィローニウカ地区に併合された。1965年に三度目に独立した地区として編成された。

面積は772km²(2006年)。人口は40,575人で、9割はウクライナ人。都市人口は16,911 人(2006年)。

市町村数は41。市は1つ、村は40。

市町村

  1. ボフスラーウ (Богуслав

名所

教会

博物館

  • イヴァン・ソシェーンコ記念博物館 (ボフスラーウ)
  • 応用美術博物館 (ボフスラーウ)
  • ポクラース商人住宅 (ボフスラーウ)
  • ボフスラーウ歴史博物館 (ボフスラーウ)
  • マルコー・ヴォウチョーク住宅 (ボフスラーウ)

遺跡

参考文献

  • ポーランド・ウクライナ・バルト史伊東孝之井内敏夫中井和夫編、山川出版社〈世界各国史; 20〉、東京、1998年(日本語)。000002751344。ISBN 4-634-41500-3。
  • 黒川祐次物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国中央公論新社中公新書; 1655〉、東京、2002年(日本語)。000003673751。ISBN 4-121-01655-6。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.