ホルボールエステル

ホルボールエステル(Phorbol ester)類は、有機化合物の一群であり、様々な植物、特にトウダイグサ科およびジンチョウゲ科植物で見られる[1]。化学的には、四環式ジテルペノイドであるホルボールエステル誘導体である。

生物活性

ホルボールエステル類は腫瘍形成を促進する活性を持つことで知られている。特に、12-O-テトラデカノイルホルボール 13-アセタート(TPA)は、発がんのモデルにおいて生物医学研究の試薬として使用される[2][3]

ホルボールエステルを含む植物はしばしば有毒である[3]

脚注

  1. Goel, G; Makkar, H. P.; Francis, G; Becker, K (2007). “Phorbol esters: Structure, biological activity, and toxicity in animals”. International Journal of Toxicology 26 (4): 279–88. doi:10.1080/10915810701464641. PMID 17661218.
  2. Emerit, Ingrid; Cerutti, Peter A. (1981). “Tumour promoter phorbol-12-myristate-13-acetate induces chromosomal damage via indirect action”. Nature 293 (5828): 144. Bibcode: 1981Natur.293..144E. doi:10.1038/293144a0. PMID 7266668.
  3. Abdel-Fatta Rizk (1990). Poisonous Plant Contamination of Edible Plants. CRC Press. pp. 43–44. ISBN 9780849363696
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.