ホッスー・カティンカ

ホッスー・カティンカHosszú Katinka1989年5月3日-)は、ハンガリーの競泳選手。

この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にカティンカ・ホッスーと表記することもあります。
ホッスー・カティンカ
2015年のホッスー
ニックネーム Katka
Iron Lady[1]
国籍  ハンガリー
泳法 自由形
バタフライ
個人メドレー
生年月日 (1989-05-03) 1989年5月3日(31歳)
生誕地  ハンガリー ペーチ
身長 170㎝
体重 68㎏

2016年現在、女子競泳界において最も優れた万能型スイマーの一人と考えられており、「鉄の女(英語: Iron Lady)」のニックネームで呼ばれている[2]ヴァシャシュSC所属[1]

経歴

ハンガリー南部のバラニャ県ペーチ出身。幼い頃に水泳を始めると13歳まで祖父から指導を受け[3]、15歳の時にアテネオリンピックに出場した[4]。高校卒業後、南カリフォルニア大学に水泳留学するためアメリカ合衆国へ移住し、大学では心理学を専攻した[2]

2012年ロンドンオリンピックでは成績不振に終わり引退を考えたが、後に夫となるシェーン・テュサップの指導を受けることになった[3]。これ以来ホッスーは各種大会で好成績を残し、女子水泳界の有力選手の一人と考えられるようになった[3]

2013年世界水泳選手権バルセロナでは200m個人メドレーと400m個人メドレーで金メダルを獲得し、200mバタフライでも銅メダルを獲得した[5]

2015年世界水泳選手権カザンでは200m個人メドレーと400m個人メドレーで2大会連続の金メダルを獲得、更に200m背泳ぎでも銅メダルを獲得した[6]

2016年リオデジャネイロオリンピック競泳競技では200m個人メドレー、400m個人メドレーと100m背泳ぎの3種目で金メダルを、200m背泳ぎ銀メダルの合計4個のメダルを獲得した[7]。なお、400m個人メドレー世界新記録での優勝となった[8]。ホッスーも200m背泳ぎオリンピック記録と並ぶ4個目の金メダル獲得を狙ったが、アメリカマヤ・ディラードに敗れ銀メダルとなった[9]

2017年7月4日、国際水泳連盟FINA)は水泳選手を無視しているとして非難し、「世界プロスイマー協会」(GAPS)とする選手会を発足させたと発表した。
メンバーにはホッスーをはじめ、萩野公介スウェーデンサラ・ショーストレム米国ケイティ・マイリコナー・ドワイヤーら五輪金メダリスト14人を含む30人が名を連ねている。
「私たちは水泳選手が対等なパートナーとして扱われることを期待します。私たちは(FINAの上層部が)テーブルについて私たちと交渉し始めることを期待します。私たちは彼らがプロ水泳選手の声に耳を傾けることを期待します。私たちは私たちの競技の未来に関わる重要な決定において意見する機会を持つことを期待します。」と表明した。
また、ホッスーは先々週に自身のフェイスブック上で、水泳選手の商業活動を制限し「破滅的なルールを作った」としてFINAを批判していた。
FINAの新規制で選手がワールドカップでの出場競技数が制限されたことにホッスーは怒りの声を上げ、全てにおいて優秀な生徒が「他の生徒に迷惑はかけていないのに」教科課程外の活動を教師に制限されることとして非難した。
母国ハンガリーブダペストBudapest)は2年に1度開催される第17回2017年世界水泳選手権17th FINA World Championships)の開幕を目前に、ホッスーはFINAが「カオスに陥っている」と非難している[10]

2017年世界水泳選手権ブダペストでは200m個人メドレーと400m個人メドレーで女子初の3大会連続の金メダルを獲得、更に200m背泳ぎでは銀メダル、200mバタフライでは銅メダルの合計4個のメダルを獲得した。

脚注

  1. Úszás - Történet”. Vasas SC. 2016年8月16日閲覧。
  2. Katinka Hosszu Bio”. SwimSwam. 2016年8月22日閲覧。
  3. Who Is Katinka Hosszu? The Hungarian Swimmer Is Known As The "Iron Lady"”. Bustle.com. 2016年8月22日閲覧。
  4. “鉄の女”ホッスー 4度目五輪、世界新で初の金”. スポニチ Sponichi Annex (2016年8月8日). 2016年8月22日閲覧。
  5. ホッスーが女子400m個人メドレーで金、葉は7位 第15回世界水泳”. afpbb.com (2013年8月5日). 2016年8月16日閲覧。
  6. ホッスーが女子個人メドレー種目で2冠、第16回世界水泳”. afpbb.com (2015年8月10日). 2016年8月16日閲覧。
  7. レデッキーとホッスーはこの日も止まらず金獲得、競泳女子”. afpbb.com (2016年8月10日). 2016年8月16日閲覧。
  8. 世界新連発の競泳、初日は豪が躍進 米国は金ゼロ”. afpbb.com (2016年8月7日). 2016年8月16日閲覧。
  9. レデッキーが女子自由形3冠、男子50m自由形はアービンが最年長で2度目の金”. afpbb.com (2016年8月13日). 2016年8月16日閲覧。
  10. ホッスーが新選手会を発足、FINAとの対決姿勢を明確に”. afpbb.com (2017年7月5日). 2017年7月5日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.