ペーネロペー

ペーネロペー古希: Πηνελόπη, Pēnelopē)は、ギリシア神話に登場する女性である。ホメーロス叙事詩オデュッセイア』ではペーネロペイア古希: Πηνελόπεια, Pēnelopeia)の名で登場する。長母音を省略してペネロペペネロペイアとも表記される。

バチカン美術館(ピオ・クレメンティーノ美術館)に所蔵されているペーネロペーの像。
フランチェスコ・プリマティッチオの1563年頃の絵画『オデュッセウスとペネロペ』。ウィルデンシュタイン・コレクション所蔵。

イタケーの王、オデュッセウスの妻。イーカリオスと水のニュンペーであるペリボイアの娘で、トアース、ダマシッポス、イメウシオス、アレーテース、ペリレオース[1]イプティーメーと兄弟[2]。父親はイーカディオス、母親はドーロドケーあるいはアステロディアーとする異説がある[3]。オデュッセウスとの間に息子テーレマコスプトリポルテース(ポリポルテース)をもうけた[4]。美女として知られる。

神話

オデュッセウスがアカイア勢のトロイア遠征に加わりイタケーを去ったのち、ペーネロペーはイタケーにとどまって留守を守り、夫が後見として残したメントールに助けられながら息子テーレマコスを育てた。オデュッセウスが冒険のため長年留守にすることになり、その美しさにひかれて108人の求婚者が押しかけた。ペーネロペーは変装したり隠れたりするが、最後まで夫に対する義務を果たした。このことからしばしば貞淑の象徴とみられる。しかし物語の上では、ペーネロペーは一度再婚をやむをえないものとして選択したようにも思われるため、この点については議論がある。

『オデュッセイア』 によれば、求婚者たちが結婚を迫ると、ペーネロペーは一計を案じ、彼女が織っている織物が織りあがったとき、求婚者のひとりを選ぶといった。求婚者たちはこれを信じたが、ペーネロペーは昼に織った織物を夜になると解いていた。しかしこのたくらみは3年の後に結局露見してしまう。これに激怒した求婚者たちの執拗な追及によって逃げ場がなくなったペーネロペーは、王宮にあった弓を引くことができたものと結婚すると宣言する。20年にも渡った戦争と放浪の末ようやく戻っていたオデュッセウスは、乞食に変装してこの弓を引き、そのあと正体を現して求婚者たちを撃ち殺した。このとき、ペーネロペーが夫に気がついていたかどうかについては解釈が分かれている。

オデュッセウスは、求婚者たちを撃ち殺したあと乞食の変装を解き妻に正体を表すが、他の神話にあるようにこの夫が変装した神である可能性を恐れたペーネロペーは、帰ってきたのが本物のオデュッセウスであるか夫婦のベッドを使い試した。

系図

 
ケパロス
 
プロクリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アンドロメダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
アウトリュコス
 
 
 
 
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーエルテース
 
アンティクレイア
 
 
 
 
 
テュンダレオース
 
イーカリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
 
 
カリディケー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
 
 
イプティーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリュプソー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナウシトオス
 
ナウシノオス
 
ポリュポイテース
 
テーレマコス
 
ラティーノス
 
テーレゴノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注

  1. アポロドーロス、3巻10・6。
  2. 『オデュッセイアー』4巻797行。
  3. 高津『辞典』p.230a。
  4. 高津『辞典』p.88a、217b、231b。

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.