ペーター・シュナイダー

ペーター・シュナイダー(Peter Schneider, 1939年3月26日 - ) は、オーストリア指揮者。現代を代表するカペルマイスターと言われる。

略歴

レパートリー

いわゆる「叩き上げ」の経歴をもち、豊富なレパートリーを誇る。特にワーグナーリヒャルト・シュトラウスの指揮には定評がある。「ばらの騎士」は十八番として知られ、ウィーンではシュナイダーがタクトを取ることが多い。ウィーン国立歌劇場バイエルン国立歌劇場バイロイト音楽祭の常連である。

コンサート指揮者としても活躍しており、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとする欧州のオーケストラや、東京フィルハーモニー交響楽団などを指揮している。

バイロイトの名匠

1981年の『さまよえるオランダ人』以降、定期的にバイロイト音楽祭でタクトを取っている。特にショルティの代役として振った『ニーベルングの指環』で世界的な注目を集めた。『ニーベルングの指環』、『さまよえるオランダ人』、『ローエングリン』、そして2008年・2011年には『トリスタンとイゾルデ』を指揮している。

外部リンク

バイエルン国立歌劇場
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.