ペントスタチン

ペントスタチン (Pentostatin) はプリンアナログに分類される抗がん剤である。抗癌である化学療法薬。 [1] SUPERGEN製又はデオキシコホルマイシン、商品名Nipent)

ペントスタチン
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Nipent
Drugs.com monograph
MedlinePlus a692004
胎児危険度分類
  • US: D
    法的規制
    投与方法 Intravenous
    薬物動態データ
    生物学的利用能n/a
    血漿タンパク結合4%
    代謝Hepatic, minor
    半減期2.6 to 16 hours, mean 5.7 hours
    識別
    CAS番号
    53910-25-1 
    ATCコード L01XX08 (WHO)
    PubChem CID: 439693
    IUPHAR/BPS 4805
    DrugBank DB00552 
    ChemSpider 388759 
    UNII 395575MZO7 
    KEGG D00155  
    ChEMBL CHEMBL1580 
    化学的データ
    化学式C11H16N4O4
    分子量268.27 g·mol−1

    成人T細胞白血病リンパ腫および有毛細胞白血病の治療に用いられる[2]。日本では、KMバイオロジクス株式会社がコホリン静注用7.5mgを販売している。

    作用機序

    ペントスタチンは、アデノシンデアミナーゼを阻害し、デオキシアデノシンなどの抗腫瘍効果を有するアデノシン誘導体が出現するためだと考えられている。

    脚注

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.