ペツニジン

ペツニジン(Petunidin)は、天然有機化合物の1つで、O-メチル化アントシアニジンである。暗赤色から紫色の水溶性色素で、ラズベリーブドウ、多くの花の花弁の色の原因となっている。また、ブルートマトの果汁が日光に当たると深い紫色になるのも主にこの色素のためである[1]。分子の名前は、ペチュニアに由来する。

Petunidin
識別情報
CAS登録番号 1429-30-7 
PubChem 441774
ChemSpider 390371 
ChEBI
特性
化学式 C16H13O7+ (Cl?)
モル質量 317.27 g/mol
精密質量 317.066127317
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

生合成

ペツニジンは、果実の外果皮デルフィニジンから作られる。カテコール-O-メチルトランスフェラーゼの作用でS-アデノシルメチオニンがメチル基のドナーとなりB環のメチル化が起こる。

配糖体

ブドウ中にはペツニジンの配糖体も存在する[2]。以下のようなものがある。

Commiphora angolensisの樹皮は、ペツニジン-3-ラムノグルコシドを含む[3]

利用

アントシアニンと同様に、食品の着色料として用いられる。

出典

  1. http://horticulture.oregonstate.edu/purple_tomato_faq
  2. http://www.food-info.net/uk/colour/anthocyanin.htm
  3. Chemical study of bark from Commiphora angolensis Engl. Cardoso Do Vale, J., Bol Escola Farm Univ Coimbra Edicao Cient, 1962, volume 3, page 128 (abstract)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.