ペタフ・ティクヴァ

ペタフ・ティクヴァヘブライ語: פֶּתַח תִּקְוָה,  Petah Tikva)は、イスラエル中央地区に位置する都市である。

ペタフ・ティクヴァ
פֶּתַח תִּקְוָה
ペタフ・ティクヴァ市庁舎

市章
名称の由来: "希望の幕開け"
歴史
建設 1878年
市昇格 1937年
行政
イスラエル
地区 中央地区
   ペタフ・ティクヴァ郡
   ペタフ・ティクヴァ
地理
面積  
  総面積 35.87 km2 (13.85 mi2
人口動態 (2009年現在)
人口 209,600[1] 人 (全国第6位
その他
等時帯 世界標準時UTC+2
  夏時間 夏時間UTC+3

概要

シナゴーグ

都市名の由来は、ホセア書の2章17節「そのところで、わたしはぶどう園を与え/アコル(苦悩)の谷を希望の門として与える。そこで、彼女はわたしにこたえる。おとめであったとき/エジプトの地から上ってきた日のように」(『新共同訳聖書』より引用)の1節から来ている。

約7万人の正統派ユダヤ教徒が在住。シナゴーグは約300あまりである。

歴史

1889年以前に撮影
1912年

1878年、ヨーロッパから来た移住者によりその幕が開かれた。移住者は3.40平方キロメートルの土地を購入したが、湿地帯だったためマラリアが発生した。そのため移住者らは避難した。その後、男爵エドモンド・ベンジャミン・ロスチャイルドによる資金援助のもと湿地を排水することに成功、1883年、移住者らは避難先より戻ってきた。農業学校で数千人の労働者が農業の技術を学んだ。同地は労働シオニズム運動の発祥の地のひとつでもある。1921年、正式に地方議会を発足、1920年代初頭、本格的に街の開発を開始した。やがて、1937年には市として認められた。

政治

カディマ党の本部は同地にある。

産業

イスラエルではハイファに次いで2番目に大きい産業を誇っている。主な産業はタイヤ、ゴム製品、金属、木工、石鹸、プラスチック、加工食品、織物である。多くの通信企業の基盤としてペタフ・ティクヴァは高い評価を得ており、イスラエル最大となるデータセンターが存在、ハイテク企業も多くインテルオラクルグラクソ・スミスクラインIBMアルカテル・ルーセントなどがイスラエル法人の本社を置いている。

交通

教育

初等教育機関、中等教育機関、宗教学校など約300の教育機関がある。これら学校に約4万3000人以上の学生が在籍。教師は約2400人がいる。

市には9の公共図書館が有る。

スポーツ

プロスポーツチーム

サッカー

人物

ファッションショー

出身者

その他

姉妹都市


脚注

  1. Table 3 – Population of Localities Numbering Above 2,000 Residents and Other Rural Population”. Israel Central Bureau of Statistics. 2012年1月30日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.