ベーツァー

創世記の書かれた卵 - イスラエルの博物館

ベーツァーבֵּיצָה bēytzāh)とはを意味するヘブライ語の単語。

聖書におけるデータ

ミクラーの卵(申命記 22:6)、毒蛇の卵(イザヤ書 59:5, A. V., "צֶפַע basilisk, cockatrice")、 ダチョウが暖かい砂に卵を置き去りにするという事実(ヨブ記 39:14)についても言及している。

巣から母鳥と雛を同時に採らないことが人間的なミツワーとして申命記 22:6 に書かれているが、マイモニデスは「迷える者への手引き」のなかで、このような状況下での母親の苦痛が計り知れないことを書いている。これは母猿断腸の故事を思い起こさせる。 またミツワーでは狩猟をせず、生きた動物の突出部分を食べることをしない(後者はノアの子のミツワーにも入っている)が、これらはユダヤ人や異教徒への暴力を厭う思想を生んできた。

イザヤ書 10:14 において、アッシリア王の姿が、「諸民族を略奪するもの」として描かれ、アッシリア王が「;וַתִּמְצָא כַקֵּן יָדִי, לְחֵיל הָעַמִּים, וְכֶאֱסֹף בֵּיצִים עֲזֻבוֹת, כָּל-הָאָרֶץ אֲנִי אָסָפְתִּי 私の手が鳥の巣を奪うように、諸民族の手に伸びた …」と書かれ、それに対し「לָכֵן יְשַׁלַּח הָאָדוֹן יְהוָה צְבָאוֹת, בְּמִשְׁמַנָּיו--רָזוֹן; וְתַחַת כְּבֹדוֹ יֵקַד יְקֹד, כִּיקוֹד אֵשׁ. 万軍の主なる神は太った者の中に衰弱を送り … 燃えさせられる」(同 10:16)と結ばれている。

ラビ文学にて

ラビによれば(フッリーン 64-a)、聖別され穴を開けた鳥の卵は食べることができる。

料理

  • 卵(イディッシュ語) ey [ei] (ドイツ語 Ei [ai])
  • 卵焼き bēytziyyôth
  • 目玉焼き chăbhīthāh, khavita

なお、(死) fleyshik と(生命) milkhik を完全に分けるが、雛鳥は乳を出さないので、雛鳥は肉には含まれない。

参考文献

  • Lampronti, Paḥad Yiẓaḳ, 16a, 17a;
  • Lewysohn, Zoologie des Talmuds 「タルムードの動物学」, § 18, 183, 240

関連項目、外部リンク

ミシュナー・マッセヘト・ベーツァー

ミシュナー第2巻セーデル・モーエード、第7篇がマッセヘト・ベーツァー(מַסֶּכֶת בֵּיצָה)である。

祝祭、祭日に厭われる仕事について論じている。ヘブライ聖書における関連項目はレビ記23である。

バビロニア・タルムードで40枚(80ページ)、エルサレム・タルムードで5枚(10ページ)である。

章の構成

5章からなる。

  1. ベーツァー בֵּיצָה
  2. ヨーム・トーブ יוֹם טוֹב, yontef (祝日)
  3. אין צדין
  4. המביא
  5. משילין

ペサハのベーツァー

ペサハの皿(カアーラー・シェル・ペサハ)に載る5種類の食べ物の一つで、ゆで卵である。

エルサレム神殿でささげられた古代のコルバーン・ハギーガー qorban chagigah (祭りの供え物)を象徴しているとされる。

ペサハの供え物とヘブライ語「ハギーガー חֲגִגָה」が二つとも「穀物の供え物 meat offerings(cf.民数記7:13)」であったとしても、悲しみ・を象徴する卵(例えば卵は葬儀の後に会葬者に最初に差し伸べられるものである)によって記念される。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.