ベルギーとフランスの鐘楼群

ベルギーとフランスの鐘楼群(ベルギーとフランスのしょうろうぐん)は、ユネスコ世界遺産のひとつ。ベルギーフランス両国合わせて56の鐘楼が登録されている。

ベルギーとフランスの
鐘楼群
ベルギーフランス
登録された鐘楼の分布図
英名 Belfries of Belgium and France
仏名 Beffrois de Belgique et de France
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4)
登録年 1999年
拡張年 2005年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
使用方法・表示

1999年にフランドル地方とワロン地方の鐘楼群(Belfries of Flanders and Wallonia)として32の鐘楼が世界遺産に登録されたのが最初。2005年にワロン地方のガンブルーの鐘楼、フランスのノール=パ・ド・カレー地域圏ピカルディー地域圏の23の鐘楼の追加登録により、現在の名称となった。なお、ブリュッセル市庁舎の鐘楼は、それが包含されるブリュッセルのグラン=プラスが世界遺産に登録されたため、重複を避けるために登録解除された。

ベルギー

以下ID ナンバーはユネスコの世界遺産リストNo.943 ならびにNo.943bis に登録された際の登録順を反映している。

アントウェルペン州

ID 943-002アントウェルペンノートルダム大聖堂
ID 943-003アントウェルペン市庁舎  
ID 943-009ヘーレンタルス旧市庁舎とラーケン(繊維)ホール
ID 943-013リール市庁舎と鐘楼
ID 943-016メヘレン聖ロンバウツ教会
ID 943-015メヘレン現市庁舎の最古の部分をなす旧ラーケンホール

ウェスト=フランデレン州

ID 943-004ブルッヘ鐘楼 (Halletoren)とマルクトホール
ID 943-006ディクスムイデ市庁舎と鐘楼
ID 943-011コルトレイク鐘楼 (Halletoren)
ID 943-014ロー=レーニンゲ (Lo-Reninge)旧市庁舎(現在はホテル)
ID 943-017メーネン市庁舎と鐘楼
ID 943-018ニーウポールト穀物ホール (Stadshalle)
ID 943-020ルーセラーレ市庁舎、マルクトホール、鐘楼
ID 943-022ティールト鐘楼 (Hallentoren)、ラーケンホール、助役の間
ID 943-025ヴルヌ旧子爵邸と鐘楼
ID 943-010イーペルラーケンホール

オースト=フランデレン州

ID 943-001アールスト助役邸と鐘楼
ID 943-005デンデルモンデ市庁舎
ID 943-007エークロー市庁舎
ID 943-008ヘントラーケンホール、鐘楼、 Mammelokker
ID 943-019アウデナールデ市庁舎

フラームス=ブラバント州

ID 943-012ルーヴェン聖ペテロ教会と鐘楼
ID 943-023ティーネン聖ゲルマヌス教会
ID 943-026ザウトレーウ聖レオナルドゥス教会

リンブルフ州

ID 943-021シント=トロイデン市庁舎
ID 943-024トンゲレン聖母大聖堂

エノー州

ID 943-027バンシュ市庁舎の鐘楼
ID 943-028シャルルロワ市庁舎の鐘楼
ID 943-029モンス鐘楼
ID 943-031チュアン鐘楼
ID 943-032トゥルネー鐘楼

ナミュール州

ID 943-056ジャンブルー鐘楼
ID 943-030ナミュール鐘楼

フランス

ノール県

ID 943-033アルマンティエール市庁舎の鐘楼
ID 943-034バイユール市庁舎の鐘楼
ID 943-035ベルグ鐘楼
ID 943-036カンブレー聖マルタン教会の鐘楼
ID 943-037コミーヌ市庁舎の鐘楼
ID 943-038ドゥエー市庁舎の鐘楼
ID 943-040ダンケルク市庁舎の鐘楼
ID 943-039ダンケルク聖エリギウス教会の鐘楼
ID 943-041グラヴリーヌ鐘楼
ID 943-042リール市庁舎の鐘楼
ID 943-043ロス市庁舎の鐘楼

パ=ド=カレー県

ID 943-044エール=シュル=ラ=リ市庁舎の鐘楼
ID 943-045アラス市庁舎の鐘楼
ID 943-046ベテューヌ鐘楼
ID 943-047ブローニュ=シュル=メール市庁舎の鐘楼
ID 943-048カレー市庁舎の鐘楼
ID 943-049エダン市庁舎の鐘楼

ソンム県

ID 943-050アブヴィル鐘楼
ID 943-051アミアン鐘楼
ID 943-052ドゥラン旧市庁舎の鐘楼
ID 943-053リュシュー現存する市門上の鐘楼
ID 943-054リュー鐘楼
ID 943-055サン=リキエ鐘楼

登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.