ベルガモ県

ベルガモ県(ベルガモけん、イタリア語: Provincia di Bergamo)は、イタリア共和国ロンバルディア州に属するの一つ。県都はベルガモ

ベルガモ県
Provincia di Bergamo
イタリア
ロンバルディア
県都ベルガモ
面積2,722.86 [1] km²
人口
 - 総計
 - 人口密度
2012-01-01
1,086,890 [2]
399.2 人/km²
コムーネ244  (50音順一覧)
主なコムーネアルビーノアルツァーノ・ロンバルドカラヴァッジョダルミネネンブロオージオ・ソットロマーノ・ディ・ロンバルディーアセリアーテステッツァーノトレーヴィリオ
略記号BG
ISO 3166-2:ITIT-BG
CAP24000-24100
市外局番035, 0345, 0346, 0363, 02, 030
ISTATコード016
県公式ウェブサイト

地理

位置・広がり

ロンバルディア州のほぼ中央部に所在する。県都ベルガモは、ブレシアの西北西約46km、州都ミラノの東北東約46km、コモの東南東約47kmに位置する。

隣接する県は以下の通り。

地勢・地形

地形図

県域は北部の山岳部、南部の平野部(ポー平原)に分かれる。

県北部の山岳部はアルプス山脈の一部をなす山々で、山域区分の標準であるSOIUSAでは、東アルプス山脈のベルガモ・アルプス及びプレアルプス (Bergamasque Alps and Prealps) に分類している。この山域はさらに、北側のベルガモ・アルプス (Bergamasque Alps) (別名:オロビエ・アルプス (it:Alpi Orobie) )、南側のベルガモ・プレアルプス (Bergamasque Prealps) に区分される。県の最高峰は、県の北東部(ヴァルボンディオーネの域内)、ソンドリオ県との県境に位置するコカ山 (Pizzo Coca)  (3,050 m) 。コカ山の麓付近にセーリオ川が源を発し、ヴァル・セリアーナの谷筋を刻む。

県南部の平野部においては、西の県界がアッダ川、東の県界がオーリオ川である。その間に、県北部を水源とするブレンボ川、セーリオ川が流れる。ブレンボ川は県南西部でアッダ川に合流し、セーリオ川は南のクレモナ県に流下してアッダ川と合流する。県都ベルガモは、ブレンボ川とセーリオ川の間に位置する。

主要な都市

2001年の国勢調査に基づく居住地区(Località abitata)別人口統計[3]によれば、人口1万人以上の都市は以下の通り。

歴史

サルデーニャ王国ベルガモ県の3郡(1859年時点)

19世紀、ロンバルディアオーストリア帝国の構成国・ロンバルド=ヴェネト王国の領土としてオーストリアに支配された。

1859年、第二次イタリア独立戦争後のチューリッヒ条約により、ロンバルディアはサルデーニャ王国(1861年よりイタリア王国)が領有することとなり、サルデーニャ王国はベルガモ県を設置した。ベルガモ県には3つの郡 (it:Circondario (Regno d'Italia)) が置かれた。すなわち、ベルガモ (it:Circondario di Bergamo) トレヴィーリオ (it:Circondario di Treviglio) クルゾーネ (it:Circondario di Clusone) である。なお、これらの郡はファシスト政権下の行政区画再編により、1926年から1927年にかけて廃止された。

1992年、県西部(カロルツィオコルテなど)が分離し、コモ県東部と合わせてレッコ県となった。

2019年コロナウイルス感染症の流行

2020年、2019新型コロナウイルスの感染が拡大し、同年3月末までにベルガモ県内で2060人の死者が発生した[4][5]

感染拡大の主因には、2月19日にミラノで開催されたアタランタBCバレンシアCFUEFAチャンピオンズリーグの試合が挙げられている[6][7]

行政区画

コムーネ

ベルガモ県には244のコムーネがある。主要なコムーネ(人口1万人以上)は下表の通り。左端の数字はISTATコードを示す。人口は2012年1月1日現在[2]

コード 自治体名 人口
016024ベルガモ115,374
016219トレヴィーリオ28,496
016198セリアーテ24,462
016091ダルミネ22,846
016183ロマーノ・ディ・ロンバルディーア18,817
016004アルビーノ18,108
016053カラヴァッジョ15,860
016008アルツァーノ・ロンバルド13,623
016207ステッツァーノ12,624
016153オージオ・ソット12,049
016144ネンブロ11,559
016170ポンテ・サン・ピエトロ11,273
016079コローニョ・アル・セーリオ10,589
016220トレヴィオーロ10,308
016133マルティネンゴ10,111

21世紀に入って以降、以下のコムーネ統廃合 (it:Fusione di comuni italiani) が行われている。

2014年発足

山岳部共同体

ベルガモ県の山岳部共同体

広域行政組織である山岳部共同体としては以下がある。色は右地図と対応している。

ラーリオ・オリエターレ=ヴァッレ・サン・マルティノ山岳部共同体はレッコ県とベルガモ県にまたがる山岳部自治体で、ヴァッレ・サン・マルティノがベルガモ県内に含まれる。

交通

空港

文化・観光

世界遺産

スポーツ

サッカー

県内に本拠を置くプロサッカークラブとしては以下がある。所属リーグは2017-18シーズン現在。

両クラブは、ともにベルガモ市のスタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリアをホームスタジアムとしている。

人物

著名な出身者

ゆかりの人物

脚注

  1. 国立統計研究所(ISTAT). Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Bergamo (dettaglio comunale) - Censimento 2001. (イタリア語). 2013年2月27日閲覧。
  2. 国立統計研究所(ISTAT). Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status (英語). 2014年2月25日閲覧。
  3. 国立統計研究所(ISTAT). Tavola: Popolazione residente - Bergamo (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001. (イタリア語). 2013年2月23日閲覧。
  4. イタリア、死者数が発表の2倍? 北部ベルガモ市長「氷山の一角」”. 東京新聞 (2020年4月17日). 2020年5月1日閲覧。
  5. しかし、ベルガモ市長はこれを氷山の一角だとしている。[4]
  6. サッカーキング編集部 (2020年3月24日). CLでの大一番を契機に新型コロナ感染が拡大?…イタリア人医師が見解”. サッカーキング. 株式会社フロムワン. 2020年5月1日閲覧。
  7. 伊コロナ危機、サッカーの試合が発火点に”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2020年4月2日). 2020年5月1日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.