ヘルムート・コーイング

ヘルムート・コーイング(Helmut Coing, 1912年2月28日 - 2000年8月15日)は、ドイツツェレ生まれの法学者

経歴

ハノーファーギムナジウムを修了後、1930年からキールミュンヘンリールゲッティンゲンの各大学で法学を学び、1935年にゲッティンゲン大学で学位を所得。その後フランクフルト大学に移り、ここで1938年に教授資格を得た。1941年にフランクフルト大学のローマ法・市民法の教授に就任。第二次世界大戦下のナチス・ドイツ時代も大学にとどまっていた。また、時に法哲学を教えることもあった。

戦後、フランクフルト大学法学部部長(1950年 - 1951年)、同学長(1955年 - 1957年)、ドイツ連邦共和国学長会議会長(1956年 - 1957年)およびドイツ学術会議会長(1958年 - 1961年)を歴任し、自らその設立に尽力したマックス・プランク欧州法制史研究所の初代所長(1964年 - 1981年)を務めた。マックス・プランク協会副総裁(1978年 - 1984年)。このほか、ドイツ福音主義教会会議議員(1950年 - 1958年)、ヘッセン州裁判所参与(1955年 - 1958年)などの職にもあった。

リヨン大学モンペリエ大学ウィーン大学アバディーン大学ブリュッセル大学などの名誉博士号を有し、バイエルン科学アカデミーの会員であり、またドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字勲章、イタリア共和国功労勲章(コンメンダトーレ)、フランスのレジオン・ドヌール勲章(オフィシエ)、科学芸術功労賞を受章した。

2000年にフランクフルト・アム・マイン郊外のクロンベルク (Kronberg im Taunus) で死去。

2008年にマックス・プランク欧州法制史研究所が制定した「ヘルムート・コーイング賞」(Helmut-Coing-Preis) にその名を留めている。

著書

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.