ヘスース・グリーディ

ヘスース・グリーディ・ビダオラ (Jesús Guridi Bidaola,1886年9月25日 - 1961年4月7日)はスペイン作曲家

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はグリーディ第二姓(母方の姓)はビダオラです。(Template:スペイン語圏の姓名)

バスク地方アラバ県ビトリア=ガスティス出身。マドリードで学んだ後、フランスに留学しパリスコラ・カントルムヴァンサン・ダンディらに師事。さらにベルギーブリュッセルに留学した。帰国後は、バスク地方のビルバオで活動を行う。作品はバスク地方の民謡に基づくもので、オペラ「ミレンチュ」「アマーヤ」、「ピレネー交響曲」、管弦楽曲「10のバスクの旋律」、2つの弦楽四重奏曲などがある。また「農場」などのサルスエラも作曲している。

文献

  • Menéndez Aleyxandre, A., and Antoni Pizà. 2001. "Guridi (Bidaola), Jesús". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers.

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.