ヘキソサミン

ヘキソサミン(英語:Hexosamine)とは、ヘキソース水酸基アミノ基に置換したアミノ糖の総称である。

α-D-グルコサミンの分子構造。アミノ基 (NH2)が付いていることに注目
グルコースは、アミノ基の代わりに水酸基が付いている事に注目

生体および代謝産物である抗生物質などに広く存在する[1][2]

代表的な分子例

出典

  1. ヘキソサミン(コトバンク)
  2. 伏見尚子, 垂井清一郎, 「ヘキソサミン代謝へのアプローチ : とくに糖尿病のMicroangiopathyに関連して」『臨床化学』 2巻 3号 1973年 p.297-305, doi:10.14921/jscc1971b.2.3_297
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.