ブランディストック

ブランディストック(英語:Brandistock、別名:brandestoc, buttafuore)、フェザースタッフ(英語:feather staff)は、通常は二股の槍で、勢いよく振ると先から80cm の刃が飛び出す長さが約1メートルである[1]。16世紀から19世紀まで、イタリアの初期警察官、兵士、民兵らが使用した。

3本の刃が飛び出す槍
飛び出し式の刃を持つ杖

この武器は飛び出し式の槍、空挺ナイフ(グラビティナイフ)も指す。ちなみに、この種の槍はイタリアでは Buttafuori(用心棒の意)と呼ばれ、Brandistoccoのような最初から三叉槍の物とは異なるが、良く混同され Brandistocco と呼ばれる。巡礼者は護身用の杖として身に着け Bordone と呼んだ。

構造

  • 中空の筒の中にスライド式の刃が納められている。開口部には蝶番式の蓋が付けられている。
  • 刃が飛び出した状態の時に刃を留める押さえ鉤と、鉤が引っかかるよう刃側に凹みが付いている。

出典

  1. Combination Weapons”. MyArmoury.com. 2018年12月24日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.