フンボルト博物館

フンボルト博物館(フンボルトはくぶつかん)は、ベルリンにあるドイツ最大の自然史博物館である。“Museum für Naturkunde”(自然博物館)の通称。近年までフンボルト大学ベルリンに付属の博物館であった。動物、古生物、鉱物標本を多数収蔵し、中でも始祖鳥ブラキオサウルスの標本が有名。

外観
ブラキオサウルスの展示

概要

現在の正式名称は“Museum für Naturkunde - Leibniz-Institut für Evolutions- und Biodiversitätsforschung an der Humboldt-Universität zu Berlin”。訳すと“フンボルト大学ベルリンにある、ライプニッツ進化生物多様性研究所の自然博物館”となる。1810年創立のフリードリヒ・ヴィルヘルム大学(現在のフンボルト大学ベルリン)に付属の博物館であったが、2009年1月1日に大学から分離されライプニッツ学術連合に組み込まれた。

1909年ドイツ領東アフリカ(現在のタンザニア)で発掘されたブラキオサウルスの全身骨格を復元・展示している。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.