フロリダ大学

フロリダ大学英語: University of Florida、FloridaまたはUFとも呼ばれる)は、アメリカ合衆国フロリダ州ゲインズビルに本部を置く州立大学である。1853年に設置された。フロリダ州で最古、最大規模の大学で、フロリダ大学システムでは2番目、アメリカ合衆国では3番目の大きさを誇る[6]

フロリダ大学
旧称 University of the State of Florida
モットー Civium in moribus rei publicae salus (ラテン語)
モットー (英語) The welfare of the state depends upon the morals of its citizens.[1]
種別 州立、セメスター制
設立年 1853年
資金 US$13億6000万
理事長 Mac McGriff
学長 Bernie Machen
プロヴォスト Joseph Glover
教員数
5,106 (2013年秋)[2]
学生総数 49,042 (2013年秋)[3]
学部生 32,776 (2012年秋)[4]
大学院生 17,137 (2012年秋)[4]
所在地 アメリカ合衆国
フロリダ州ゲインズビル
北緯29.64833度 西経82.34944度 / 29.64833; -82.34944
キャンパス 2,000エーカー (8.1 km2)
スクールカラー           オレンジ (PMS 172) 、 ブルー (PMS 287)[5]
運動競技 NCAA Division I FBSSEC
ニックネーム フロリダ・ゲイターズ
マスコット Albert and Alberta
公式サイト ufl.edu

概要

センチュリータワー

1853年に神学校として創立され、その後大学に昇格し、1905年に現在の校名となった。全米第2位(2007年)の学生数(学生数50,000人、学部生35,000人+大学院生15,000人)と全米第8位の運営費(約20億ドル)の州立大学。州都タラハシーから車で2時間半、オーランドから2時間、ジャクソンビルから1時間半の場所にある。100を超える専攻と16のカレッジを有するフロリダ州の名門校の1つ。卒業生には多数のノーベル賞受賞者、上院議員、州知事、米国大使がいる。総面積は約810ha(8.1km2)あり、ナショナル・メリット推奨者(トップクラスの生徒に与えられるメリット奨学金選考に選ばれた優秀生)の数はハーバード大学についで2位。スポーツドリンクの草分け的存在であるゲータレードを発明したことでも知られ、レベルは高く、州立大学のランキングでは上位に名を連ねる。フロリダ大学はフロリダ州の州立大学システムの1つで、アメリカ大学協会のメンバーであり、ミシガン大学カリフォルニア大学バークレー校ノースカロライナ大学チャペルヒル校ワシントン大学コロラド大学ボルダー校テキサス大学オースティン校などの州立大学トップ校で形成される名門校グループ「パブリック・アイビー」の1つに数えられる[7]

ランキング

大学ランキング
国内
WM[8] 24
世界
ARWU[9] 78
タイムズ[10] 122

U.S. News & World Reportによる世界大学ランキング(2015)では53位にランクされている[11]タイムズ・ハイアー・エデュケーションによる世界大学ランキング(2014)では122位に、上海交通大学による世界大学学術ランキング(ARWU)2014では78位に[12]Webometrics Ranking of World Universities(2014)では26位にランクされている。

スポーツ

フロリダ・ゲイターズ

フロリダ大学のスポーツチームはゲイターズ(Gators)と呼ばれる。とりわけフットボールファンの熱狂ぶりは有名である。ゲータレードはフロリダ大学の教授陣が大学のフットボール・チームのために開発したもので、ロゴにはゲイターズのチーム・カラー(オレンジと青)の一つであるオレンジを採用している。2006年にはバスケットボールチームがNCAAトーナメントを制したのに続き、フットボールチームも同年シーズンの全米選手権を制した。同一年度シーズンでの両メジャースポーツにおける全米制覇は史上初めての快挙であった。

ベン・ヒル・グリフィンスタジアム

有名な卒業生

講堂
図書館
Weil Hall
Newell Hall
Tigert Hall
O'Connell Center
Peabody Hall
Floyd Hall
Walker Hall

政治家

  • ロートン・チャイルズLawton Chiles) - フロリダ州知事、上院議員
  • ボブ・グラハムBob Graham) - フロリダ州知事・上院議員
  • スペサード・ホーランドSpessard Holland) - フロリダ州知事、上院議員、法律事務所ホーランド&ナイト(Holland & Knight)の創立者
  • ジョー・スカーボロJoe Scarborough) - 下院議員、 MSNBCのトーク番組司会者
  • ジョージ・スマーザズGeorge Smathers) - 上院議員

作家・マスコミ

  • ステファニー・エイブラムス - The Weather Channelの記者
  • マイクル・コナリー - 探偵・犯罪小説家
  • フィリップ・グラハム - ワシントン・ポスト元発行者
  • クリスティン・ハーメル - ピープル・マガジンのレポーター及び小説家
  • カール・ハイヤセン - 小説家及び マイアミ・ヘラルド紙コラムニスト
  • リッチ・フィールズ - 『ザ・プライス・イズ・ライト』のアナウンサー、ラジオ・パーソナリティ
  • エルフィ・シュレーゲル・ダン - NBCスポーツのコメンテーター
  • ジェミー・マキンタヤ - CNNのアメリカ国防総省担当記者
  • フォレスト・ソーヤ - ABCニュースのアンカーマン
  • ケイト・ディカミロ - 児童小説家及び脚本家として賞を受賞

学者・その他

ショー・ビジネス

スポーツ選手

(現役選手の情報は2008年2月現在)

野球選手[13]

アメリカンフットボール[14]

バスケットボール[15]

その他スポーツ

脚注

  1. University of Florida, Office of Institutional Planning and Research, All Full-Time Faculty by Rank, Gender and Ethnicity. Retrieved February 27, 2014.
  2. http://www.ir.ufl.edu/oirapps/factbooktest/enrollment/firstdayenrollment.aspx
  3. University of Florida, Office of Institutional Planning and Research, University of Florida - Common Data Set (CDS): Enrollment (IPEDS) and Degree Awards. Retrieved April 16, 2013.
  4. Signature System”. 2016年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月9日閲覧。
  5. “Ohio State named nation’s largest college ? again”. Dayton Business Journal. (2008年10月20日). http://www.bizjournals.com/dayton/stories/2008/10/20/daily3.html 2009年5月4日閲覧。
  6. グリーンズガイド「パブリック・アイビー:アメリカの最重要公立大学」(The Public Ivies: America's Flagship Public Universities)による。
  7. About the Rankings”. Washington Monthly. 2013年10月19日閲覧。
  8. World University Rankings”. ShanghaiRanking Consultancy. 2013年10月19日閲覧。
  9. World University Rankings”. TSL Education Ltd.. 2013年10月19日閲覧。
  10. http://www.usnews.com/education/best-global-universities/rankings
  11. http://www.shanghairanking.com/ARWU2014.html
  12. Players who Played for University of Florida”. Baseball-Reference.com. 2014年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月27日閲覧。
  13. Florida Players/Alumni”. Pro-Football-Reference.com. 2008年2月27日閲覧。
  14. Players Who Attended University of Florida”. Basketball-Reference.com. 2008年2月27日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.