フリードリヒ・ブルダッハ

カール・フリードリヒ・ブルダッハ(Karl Friedrich Burdach、1776年6月12日 - 1847年7月16日)はドイツ解剖学者生理学者である。"Biologie"(英:Biology,「生物学」)という言葉を造語した人物とされる[1]

フリードリヒ・ブルダッハ

略歴

ライプツィヒで医師の息子として生まれた。1793年から1798年までライプツィヒ大学で医学を学んだ後、一年間、ウィーン大学の衛生学者、ヨハン・ペーター・フランクのもとで学んだ。1799年から医師、著述家として働いた後、1807年からライプツィヒ大学教授となり、1811年に当時ロシア帝国の領地にあったドイツ語を使って教育が行われたドルパト大学の解剖学、生理学、法医学の教授となった。ドルパト大学で教えた学生には、発生学に功績を挙げたカール・エルンスト・フォン・ベーアクリスティアン・パンダーがいる。

1814年にケーニヒスベルク大学に移り、1817年に王立解剖学研究所(Königliche Anatomische Anstalt)を設立し、カール・エルンスト・フォン・ベーアが助手を務めた。神経経路のブルダッハ束の記載などで知られる。

ドイツ観念論の哲学者、フリードリヒ・シェリングの自然哲学の影響の大きい時代の科学者であるが、自然哲学と経験主義の中道的立場に立った学者である[2] 。主著の『経験科学としての生理学』("Die Physiologie als Erfahrungswissenschaft")は6巻、3500ページの大著で、フォン・ベーア、 パンダー、マルティン・ラトケヨハネス・ペーター・ミュラールドルフ・ヴァーグナーとの共著で、彼の時代の生理学のすべての知識がまとめられた。

1818年にロシア科学アカデミーの会員に選ばれた[3]

著作

  • Diatetik für Gesunde (1805)
  • Enzyklopädie der Heilwissenschaft (three volumes, 1810–12)
  • Vom Bau und Leben des Gehirns und Rückenmarks (three volumes, 1819–25)
  • Neues Recepttaschenbuch für angehende Ärzte . 2., unveränd. Ausg. (1820) Digital edition by the University and State Library Düsseldorf
  • Die Physiologie als Erfahrungswissenschaft (1826–40)

参考文献

  • Allgemeines Schriftsteller- und Gelehrten-Lexikon der Provinzen Livland, Esthland und Kurland, bearbeitet von J. F. v. Recke und K. E. Napiersky. Band I, Mitau 1827, S. 308–311
  • K. Feremutsch: Organ der Seele: Beiträge zur Geschichte der romantischen Medizin nach den Werken Karl Friedrich Burdachs. In: Monatschrift für Psychiatrie und Neurologie, Bd. 125, 1953, S. 371–385
  • Arthur William Meyer: Human Generation. Conclusions on Burdach, Döllinger and von Baer. Stanford CA / London 1956.
  • Alfred Meyer: Karl Friedrich Burdach and his Place in the History of Neuroanatomy. In: Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry, Bd. 33, 1970, S. 553–561
  • A. Chazanov: Карл Бэр и Карл-Фридрих Бурдах. In: Folia Baeriana Bd. 2 (1976), S. 39–45
  • Olaf Breidbach: Karl Friedrich Burdach. In: Thomas Bach, Olaf Breidbach (Hrsg.): Naturphilosophie nach Schelling, Frommann Holzboog 2005, ISBN 3-7728-2255-X, S. 73–106.
  • Michael Hagner: Karl Friedrich Burdach. In: Deutsche biographische Enzyklopädie. Bd. 2. Saur, München 1995. S. 233–234
  • Carl von Voit (1876), Burdach, Karl Friedrich (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 3, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 578–580
  • Thomas Schmuck: Baltische Genesis. Die Grundlegung der modernen Embryologie im 19. Jahrhundert. Aachen 2009 (=Relationes Bd. 2) (zu Burdach S. 40–59, kommentierte Burdach-Bibliographie S. 248–256)

脚注

  1. F.M.Wulketiisの”Herausforderungen durch die moderne Biologie”による。その後1802年にストレフィラヌスラマルクが独立に作ったとされる:八杉龍一(著)「生物学の歴史」。
  2. Burdach in: Die Physiologie als Erfahrungswissenschaft, Bd. 1 (1826), S. 307
  3. Ausländische Mitglieder der Russischen Akademie der Wissenschaften seit 1724. Karl Friedrich Burdach. Russische Akademie der Wissenschaften, abgerufen am 7. August 2015 (russisch).
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.