フリッツ・ツビッキー

フリッツ・ツビッキー(Fritz Zwicky 、1898年2月14日1974年2月8日)は、アメリカで活動したスイス国籍の天文学者である。ウォルター・バーデとともに超新星の研究のパイオニアである。

フリッツ・ツビッキーの記念碑

スイス人(ノルウェー国籍の父親、チェコ人の母親)の両親のもとで、ブルガリア公国ヴァルナに生まれた。チューリッヒ連邦工科大学で学んだ。1925年にアメリカのカリフォルニア工科大学に移り、その後、スイス国籍のままアメリカで活動した。

1930年代にウォルター・バーデとともに超新星が中性子星に移行する過程であること、超新星が宇宙線の発生源であることを示唆する論文を発表した。パロマー天文台に超新星探索用のシュミット望遠鏡を設置させるのに成功し、100個以上の超新星を発見した。1961年から銀河のカタログ Catalogue of Galaxies and of Clusters of Galaxies (CGCG)を作成した。

変わり者で知られ、周囲の研究者に罵詈雑言を浴びせるのが常で、お気に入りの罵倒語は「球形のろくでなし」(どこからみてもろくでなし)だったという[1]

賞・叙勲など

命名

  • 小惑星:(1803) Zwicky
  • 月のクレータ

脚注

  1. サイモン・シン「ビッグバン宇宙論」
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.