フライング・ダッチマン

フライング・ダッチマンFlying Dutchman)は、近代イギリスの伝承に現れる幽霊船、もしくはその船長オランダ人である。船長はさまよえるオランダ人、船はさまよえるオランダ船フライング・ダッチマン号と訳すこともある。

アルバート・ピンカム・ライダー画「フライング・ダッチマン」。
舞台となる海域。左下の赤点が喜望峰、左上の赤丸がケープタウン、その上の湾がテーブル湾。
喜望峰。
ケープタウンとテーブル湾。

伝承の要旨

アフリカ大陸南端近くの喜望峰近海で、オランダ人船長が(あるいは)を罵って呪われた。船は幽霊船となり、船長はたった1人で永遠に(あるいは最後の審判の日まで)さまよい続けることとなった。

起源

似た伝承として、北海を最後の審判の日までさまようドイツのフォルケンバーグ船長(Falkenburg)の伝説があった。

幽霊船の形で現れる最古の文献は、1795年ジョージ・バリントンの『ボタニー湾への旅』(Voyage to Botany Bay)で、次のような話である[1]

  • オランダ人が喜望峰沖で遭難し、乗っていた者は全員死亡した。
  • 1隻の船が同行していたが、無事ケープ(現・南アフリカ共和国)に着き、一度ヨーロッパに帰って、またこの海域に戻ってきた。
  • 事故のときと同じ緯度に達したとき、遭難した船の幽霊船を見張りが見つけた。
  • 船がケープに着くと、船員はその話を触れ回り、幽霊船は「フライング・ダッチマン」と呼ばれるようになった。

1821年ブラックウッド誌では、次のように書かれた[2]。ほぼ現在知られる物語になっている。

  • 幽霊船は、70年前(1751年)に出港したアムステルダム船である。
  • 船長はヘンドリック・ファン・デル・デッケン(Hendrik van der Decken)である。
  • ケープタウンへ向かってテーブル湾に入る直前で激しい向かい風となったため、船長は風を罵った。
  • その夜、船が船長に「今夜中に湾に入る気か?」とたずね、船長は「最後の審判の日までかかっても入ってやる」と答えた。
  • その結果、船は今も湾に入れず近海をさまよっている。悪天候のときのみ見ることができる。

ワグナーのオペラ

フライング・ダッチマンは、リヒャルト・ワーグナーオペラさまよえるオランダ人』(1842年)の題材として有名である。このタイトルは和訳されているだけで、原題 Der fliegende Holländer はフライング・ダッチマンのドイツ語訳である。

船長はたった1人で永遠にさまよう運命にあるが、7年に一度上陸でき、そのとき船長を愛す女性に出会えれば、呪いから解放される(死ぬことができる)。物語は、船が幽霊船となってかなりの年月が経過したのちのノルウェーで始まる。

出典

  1. Barrington, George (2004 [1795]). Voyage to Botany Bay. Sydney: Sydney University Press. pp. 30. ISBN 1920897208
  2. Music with Ease (2008年). Source of the Legend of The Flying Dutchman”. Music with Ease. 2008年2月23日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.