フタラジン

フタラジン(Phthalazine)は、化学式C8H6N2複素環式化合物である。キノキサリンシンノリンキナゾリン等の他のナフチリジンとは異性体の関係にある。

フタラジン[1]
識別情報
CAS登録番号 253-52-1 
PubChem 9207
ChemSpider 8852 
特性
化学式 C8H6N2
モル質量 130.15 g mol−1
外観 淡黄色針状
融点

90-91 °C, 363-364 K, 194-196 °F

沸点

315-317 °C, 588-590 K, 599-603 °F (分解)

への溶解度 混和
酸解離定数 pKa 3.39[2]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

合成

フタラジンは、w-テトラブロモオルトキシレンとヒドラジン縮合反応またはリンヨウ化水素を用いたクロルフタラジンの還元によって生成される。

性質

塩基性であり、有機ヨウ素化合物との付加生成物を作る。

反応

過マンガン酸カリウムで酸化すると、ピリダジンジカルボン酸が生成する。亜鉛塩化水素により分解されて、オルトキシレンジアミンを生成する。濃ヒドラジンとオルトフタルアルデヒド酸からは、ケトヒドロ誘導体のフタラゾンが得られる。塩化ホスホリルで処理すると、クロルフタラジンが生成する。これは、亜鉛と塩化水素によりイソインドールを与え、スズと塩化水素によりフタルイミジンを与える。

出典

  1. Merck Index, 11th Edition, 7344.
  2. Brown, H.C., et al., in Baude, E.A. and Nachod, F.C., Determination of Organic Structures by Physical Methods, Academic Press, New York, 1955.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.