フソバクテリウム属

フソバクテリウム属(Fusobacterium)は、バクテロイデス属と似た嫌気性のグラム陰性菌である。個々の細胞は棒状の桿菌で、端は尖っている[1]歯周病レミエール症候群、局所的な皮膚潰瘍等の人間の病気に関わっている。古い文献では、ヒトの中咽頭の常在菌とされているが、現在は常に病原菌として扱われている[2]。2011年、この菌が大腸癌の細胞で繁殖していることが発見され、また潰瘍性大腸炎ともしばしば関連付けられている[3]が、この菌が実際にこれらの病気の発症と関わっているのか、あるいは単にこれらの病気が作る環境で繁殖するだけなのかは分かっていない[4]

フソバクテリウム属
液体培地中のFusobacterium novum
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: フソバクテリウム門 Fusobacteria
: フソバクテリウム目 Fusobacteriales
: フソバクテリウム科 Fusobacteriaceae
: フソバクテリウム属 Fusobacterium
学名
Fusobacterium Knorr 1922
  • F. necrophorum
  • F. nucleatum

ほか12種7亜種

バクテロイデス属と比べ、フソバクテリウム属は長いリポ多糖を持つ。

クリンダマイシンは、フソバクテリウム属に対して最も効果のある抗生物質である。クロラムフェニコールカルベニシリンセフォペラゾンもほぼ同程度の効果を持ち、次いでセファマンドールも効果がある[5]

出典

  1. Madigan M; Martinko J (editors). (2005). Brock Biology of Microorganisms (11th ed.). Prentice Hall. ISBN 0-13-144329-1
  2. Aliyu SH, Marriott RK, Curran MD, et al. (2004). “Real-time PCR investigation into the importance of Fusobacterium necrophorum as a cause of acute pharyngitis in general practice”. J Med Microbiol 53 (Pt 10): 1029-35. doi:10.1099/jmm.0.45648-0. PMID 15358827.
  3. 大草敏史, 「Fusobacterium と潰瘍性大腸炎,大腸癌」『腸内細菌学雑誌』 27巻 3号 2013年 p.169-179, doi:10.11209/jim.27.169, 腸内細菌学会。
  4. Alice Park (2011年10月18日). “A Surprising Link Between Bacteria and Colon Cancer”. Time.com. http://healthland.time.com/2011/10/18/a-surprising-link-between-bacteria-and-colon-cancer/?iid=pf-main-mostpop1 2011年10月18日閲覧。
  5. Donald Kaye, William Kobasa, Karen Kaye. (1980). "Susceptibilities of anaerobic bacteria to cefoperazone and other antibiotics". Antimicrobial Agents and Chemotherapy, June 1980, pp. 957-960.

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.