フェルディナント・ゴットホルト・マックス・アイゼンシュタイン

フェルディナント・ゴットホルト・マックス・アイゼンシュタインFerdinand Gotthold Max Eisenstein1823年4月16日 - 1852年10月11日)は、ドイツ数学者楕円関数論行列の理論やアイゼンシュタイン整数の発見などの業績を残したが若くして結核で亡くなった。ガウスディリクレのもとで学び、ガウスも彼の才能を高く評価していた。ベルリン大学で学生時代に、レオポルト・クロネッカーと友人になった。リーマンはベルリン大学で彼の講義を受けている。

Ferdinand Eisenstein
Ferdinand Eisenstein
生誕 (1823-04-16) 1823年4月16日
ベルリン, ドイツ
死没 1852年10月11日(1852-10-11)(29歳)
ベルリン, ドイツ
国籍 ドイツ
研究分野 数学
出身校 ベルリン大学
プロジェクト:人物伝

楕円関数論での研究では、(関数論に依拠するのではなく)整数論との関連を重視して多くの公式を具体的に与えた。この成果を晩年のクロネッカーが見出して、楕円関数論に新たな方向性をもたらすことになる。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.